長女を育て、四女に教わった 本田家流 子育てのヒントフィギュアスケート・世界ジュニア選手権最終日(18日、台北)女子はショートプログラム(SP)2位の本田真凛(15)=大阪・関大中=が自己ベストを更新するフリー2位の133・26点をマークし、合計201・61点で2位となりました。

同3位の坂本花織(16)=神戸FSC=は合計195・54点で3位、同5位の白岩優奈(15)=関大KFSC=は合計174・38点で5位。アリーナ・ザギトワ(14)=ロシア=がSPに続きフリー1位となり、ジュニア歴代最高得点となる合計208・60点で優勝しました。

試合を終えて真凛は、「う~ん、正直すごく悔しい気持ちがある。でも今回やれることは出し切ってのこの結果。今できることはすべてできた。目標としていた(昨年の得点から)10点上げるというのはできたけど、今はすごく複雑な気持ち。一瞬はすごく嬉しかったけど、何分か後に悔しい気持ちに変わったので。半分半分ですね。ただ、1位の選手におめでとうと頑張って言いたい」と、素直な気持ちを吐露しました。



■真凛、自己ベスト201・61点で銀メダル!日本勢初の連覇ならず涙/フィギュア

h000

 フィギュアスケート・世界ジュニア選手権最終日(18日、台北)女子はショートプログラム(SP)2位の本田真凛(15)=大阪・関大中=が自己ベストを更新するフリー2位の133・26点をマークし、合計201・61点で2位。日本勢初の連覇はならなかった。同3位の坂本花織(16)=神戸FSC=は合計195・54点で3位、同5位の白岩優奈(15)=関大KFSC=は合計174・38点で5位だった。アリーナ・ザギトワ(14)=ロシア=がSPに続きフリー1位となり、ジュニア歴代最高得点となる合計208・60点で優勝した。

 過去にソチ五輪男子金メダルの羽生結弦(22)=ANA=ら多くのスケーターが使用してきた「ロミオとジュリエット」に乗った真凛は、フリップ-トーループの2連続3回転を含め、7つのジャンプをすべて成功。演技を終えると笑顔でガッツポーズし、両手で口を押さえ、見守った浜田美栄コーチ(57)と抱き合った。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

真凛、自己ベスト201・61点で銀メダル!日本勢初の連覇ならず涙/フィギュア

■本田真凛


このニュースに対しネットでは、「真凛ちゃんおめ」「2位でももう少し喜べばいいのにね。どう見ても差がありすぎてるんだし、悔しがって泣くのはちょっと違う気がするなぁ。惜しいというよりレベルが違いすぎることに、愕然としちゃったんだろうか」「期待以上にレベル高くて面白かったわ」「これ、真凜は平昌台乗りの可能性すらあるな。坂本もよかった」「さっきまで泣いてたのに表彰式では笑顔。えらいなあ」「世界ジュニアが生中継する時代になったことに笑った」「可愛さでは金メダルでした。ロシアはケバい」「ザギトワ凄いけどつまんない」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489837738/

■関連記事
村主章枝 フィギュアで生計を立てられるのは 「3人くらい」 年間費用約2000万
【フィギュア】 浅田舞、いつから 『カープ女子』 に?複数メディアで 『中日ファン』 として紹介されてた過去

anan (アンアン) 2017/03/29[呼吸と体幹]
anan (アンアン) 2017/03/29[呼吸と体幹]