浅田舞写真集「舞」プロフィギュスケーターでタレントの浅田舞(28)が26日、カンテレの「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、妹の浅田真央(26)との確執を語りました。

舞は子どもの頃を振り返り、「親は姉である私に期待をかけていた。真央より年長だったぶん覚えも背が高いから早く見栄えも良かった」と話し、その分、練習は厳しく「学校と寝る時間以外はスケートリンク。お母さんの圧が私だけにかかっていた感じだった。期待が苦しくてトイレにこもったことも」あったと話しました。

しかし、舞が16歳、真央が14歳の時に立場が逆転。2004年の全日本ジュニア選手権で真央が優勝しました。母親が愛情を注ぐ対象も変わり、舞は「お母さんは妹にシフトチェンジした」と表現。母から「妹と会わないでくれ。極力会わないで」と言われたと話、米国でのレッスンの帰国後、舞は家族と仲が悪くなり家にはあまり帰らなくなったと明かしました。



■浅田舞 真央との姉妹確執を赤裸々に 母の愛情は真央に変わり「妹と会わないで」

a000

 プロフィギュスケーターでタレントの浅田舞(28)が26日、カンテレの「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、妹の浅田真央(26)との確執を語った。母の期待が自分から真央に変わったとき、「妹には会わないで」と告げられたという。

 番組は姉妹のスケート人生を紹介。舞が7歳、真央が5歳の時にスケートを始めた。当初は舞のほうが年長であることから上達は早かったが舞が16歳、真央が14歳の時に逆転。2004年の全日本ジュニア選手権で真央が優勝した。その後、真央は女子フィギュア期待の星として全国的に注目を浴び、舞は「真央のおねえちゃん」と称されることもあった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

浅田舞 真央との姉妹確執を赤裸々に 母の愛情は真央に変わり「妹と会わないで」

■浅田舞 Twitter


このニュースに対しネットでは、「米国に行った頃には姉はとっくに戦力外だったろ」「よくこんな両親から世界的アスリートが生まれたもんだ。ホスト親父の身体能力が高かったのか?」「こんなめちゃくちゃな環境でオリンピック選手にまで育ったのが逆にすごい」「母親を悪役にするな。最低な姉だな」「舞もまあ努力したこともあったと思うけど、真央の頑張り方はスケートの功績より評価されるべきだと思う」「色々思う事も言いたい事もあるだろうに、真央ちゃんは何も語らず賢いと思うわ。姉はすごい妹を持って同情を買いたいんだろうけど、家族と自分の価値をも下げまくっているのにいい加減気付け」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490531010/

■関連記事
【フィギュア】 浅田舞、いつから 『カープ女子』 に?複数メディアで 『中日ファン』 として紹介されてた過去
浅田舞、 「私はきれい」 発言に滲み出た妹・真央への消えない劣等感

浅田真央公式写真集 MAO
浅田真央公式写真集 MAO