ドラマ「はぴまり」フォトブック 主演ディーン・フジオカ香港や台湾でブレイクして日本に凱旋を果たした「逆輸入」という異色のキャラ設定が注目を集めているディーン・フジオカ(36)の経歴について、発売中の『週刊文春』(文藝春秋)が報道しています。

フジオカは、公式プロフィールではアメリカの大学を卒業とされているが、短大レベルの学校で準学士であることを、『文春』の取材に自ら告白。また、台湾時代は生粋の日本人であるのに「ハーフで名門・シアトル大卒業」と虚偽経歴でメディアに登場していました。

フジオカを特集した昨年1月放映の『中居正広の金曜日のスマたちへ』では、台湾でのブレイクのきっかけとなったドラマ『笑うハナに恋きたる(不良笑花)』(日本テレビ系)が紹介。この際、視聴率8%と伝えられましたが、実際は1.57%と低視聴率番組だったことも明るみに出ました。



■ディーン・フジオカが経歴詐称か?第2の”ショーンK疑惑”が浮上

d000

 ドラマや映画に引っ張りだこで、4月からスタートする『サタデーステーション』(テレビ朝日系)への出演も決まり、いまノリに乗っているディーン・フジオカ(36)。香港や台湾でブレイクして日本に凱旋を果たした「逆輸入」という異色のキャラ設定が注目を集めるが、その詳細はオブラートに包まれていた。そんなディーン・フジオカの経歴について、発売中の『週刊文春』(文藝春秋)が報道。これまで明かされた経歴といくつかの齟齬が浮かび上がった。

 例えば、公式プロフィールではアメリカの大学を卒業とされているが、短大レベルの学校で準学士であることを、『文春』の取材に自ら告白した。また、台湾時代は生粋の日本人であるのに「ハーフで名門・シアトル大卒業」と虚偽経歴でメディアに登場していた。それでも、回ってくるのは脇役クラスの仕事。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

ディーン・フジオカが経歴詐称か?第2の”ショーンK疑惑”が浮上

■映画『結婚』公式 Twitter


このニュースに対しネットでは、「確かにホラッチョとおなじ胡散臭さを感じていたよ」「頭脳を売りにしてないし別にいいんでは」「チェキッ娘の兄貴は本当」「この人って、オムライス作るの上手い人?」「時事ネタにコメントしないでフィクションを演じてるだけなら問題ないんじゃね」「それより妹を出せ。chee'sは良かった」「テレ朝の報道局って機能してないんじゃないの。ホラッチョの件があったのに事前に調べないでニュース番組に起用するなんてアホ」「え、胡散臭さも込みのキャラだと思っていたが」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491311255/

■関連記事
男性が選ぶ “なりたい顔” ランキング ディーン・フジオカが初登場で首位 2位 竹野内豊、3位 佐藤健

【早期購入特典あり】DEAN FUJIOKA Special Live 「InterCycle 2016」 at Osaka-Jo Hall(A2ポスター付き) [Blu-ray]
【早期購入特典あり】DEAN FUJIOKA Special Live 「InterCycle 2016」 at Osaka-Jo Hall(A2ポスター付き) [Blu-ray]