行ったり来たり 僕の札束: 日本一有名な整形外科医が初めて語る医者とカネ美容外科・高須クリニックの高須克弥院長が4日、自らのブログで、作家の百田尚樹氏が10日に予定していた一橋大での講演会が中止になったことについて、百田氏への協力を惜しまない考えを示す一方、講演会を取りやめた学生たちを厳しく批判しました。

高須氏は「百田尚樹先生に助太刀するぜ」と題したブログをアップ。高須氏は「一橋大学の学生諸君」と呼びかけ、「学ぶために、あらゆる世俗的な妨害に屈しないのが学生の誇り『学の独立』なんだよ」と呼びかけ。

さらに「百田尚樹先生の講演会を中止した学生達の軟弱な心が情けない」と嘆き、「百田尚樹先生の代わりに僕に講演会をやらせてほしい軟弱な一橋大学の学生諸君を叱咤し筋の通しかたを教え胆の据えかたをみせてあげる ギャラはいらない」と学生たちを鍛え直すことに強い意欲をみせました。



■高須院長、妨害工作に屈した一橋大生を「軟弱」と叱咤 「筋の通し方教える」と代役での講演を要望

t000

 「かっちゃん」の愛称で知られる美容外科・高須クリニックの高須克弥院長が4日、自らのブログで、作家の百田尚樹さんが10日に予定していた一橋大での講演会が中止になったことについて、百田氏への協力を惜しまない考えを示す一方、講演会を取りやめた学生たちを厳しく批判した。

 高須氏は「百田尚樹先生に助太刀するぜ」と題したブログをアップ。この中で、高須氏は「6月10日に計画されていた一橋大学学園祭イベントの目玉として百田尚樹先生の講演会が計画されていた」「百田先生、学生達の心意気に応え講演会のギャラを大幅にディスカウントして張り切っておられた」「百田尚樹先生に招待していただいたニコ生でも百田尚樹先生の理念に反対するグループの妨害工作に毅然として立ち向かう一橋大学大学の学生たちの心意気を称賛しておられた」と、百田氏が講演会を心から楽しみにしていたことを明かした。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

高須院長、妨害工作に屈した一橋大生を「軟弱」と叱咤 「筋の通し方教える」と代役での講演を要望

■高須克弥 Twitter


このニュースに対しネットでは、「この人はいい金の使い方してる」「話題になってることなら、なんでもかんでも口出すのなこのジジイ」「何で日本人ってヘタレるのかね?」「こいつも相当ないっちょ噛みだよな」「昔から一橋大の学生はこじんまり纏まった平凡人が多かった」「右とか左とかどうでも良いけど妨害工作で中止ってマジで学生のレベルが相当落ちてる」「一橋大生はこれをお願いしパイプ作るべきだと思うよ。太いパイプできて羨ましい」「一ツ橋って馬鹿だな。それ程反発しているなら百田を呼んで討論会でもすればいいんだよ。講演拒否って完全に敵前逃亡だろw 情けない」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1496622067/

■関連記事
長谷川豊アナ、百田尚樹氏の一橋大講演会中止に 「あまりにひどい。完全な言論弾圧」
高須院長、民進党らを提訴 大西議員のCM 「陳腐」 発言めぐり

今こそ、韓国に謝ろう
今こそ、韓国に謝ろう