浦和レッズあるある上西小百合衆院議員(34)が20日、再度、自身の公式ツイッターを更新し、浦和レッズに面会を申し入れ、断られていたことについて、あらためて見解を示しました。

上西議員は、「先程、浦和レッズ広報部より連絡がありました。私との面会を辞退するとの事でした。理由は“わざわざお越しいただくのも大変恐縮”との事でした。勿論これが本音ではなく、面倒な仕事を持ち込むなということでしょうが、日本を代表するビッグクラブの対応だとすれば、お粗末と思います。」とコメント。

さらに、「レッズ側は上西の炎上商法に付き合う気はないという事でしょう。ただ話をしないというのは怠慢です。私がレッズサポーターと揉めて得する事はない。会社がサポーターに追い付いていないんでしょう。百年構想が五十年で実現するかもしれないビッグクラブなのに、フロントがそれなら百年かかりますね。」と批判しています。



■上西小百合議員が浦和の対応を批判「会社がサポーターに追い付いていないんでしょう」

u000

 上西小百合衆院議員(34)が20日、再度、自身の公式ツイッターを更新し、浦和レッズに面会を申し入れ、断られていたことについて、あらためて見解を示した。

 「レッズ側は上西の炎上商法に付き合う気はないという事でしょう。ただ話をしないというのは怠慢です。私がレッズサポーターと揉めて得する事はない。会社がサポーターに追い付いていないんでしょう。百年構想が五十年で実現するかもしれないビッグクラブなのに、フロントがそれなら百年かかりますね。」とつぶやいている。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

上西小百合議員が浦和の対応を批判「会社がサポーターに追い付いていないんでしょう」

■上西小百合 Twitter


このニュースに対しネットでは、「自分から炎上商法って自白してるw」「百年構想が五十年で実現するかもしれないビッグクラブ これの意味がわからんのだが」「国会議員なんだぜ」「何の得もないし当然だろ。コイツと面会して仮に手打ちになったところで寧ろ世間の反感買うだけくらいにはヘイト集まってるし。しかも現実には会ったらさらに炎上騒動を盛り上げる為に訳の分からないことを言い出すのが目に見えてるし」「浦和に何の話があるんだよ…」「サポーターを一方的にディスって、何故かレッズと面会するって頭おかしいやろ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500552562/

■関連記事
宇野常寛氏、上西議員騒動は 「レッズファンが悪い」
上西衆院議員 埼スタ観戦&会談要求 「会って話したい」 「SPはいらない」 浦和 「はっきり言って迷惑」

まっぷる 浦和レッズ
まっぷる 浦和レッズ