プチ美人とお金10日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、作家の室井佑月氏が、北朝鮮の「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」を、自衛隊の地対空誘導弾パトリオット「PAC3」で迎撃した際のリスクを指摘しました。

番組では、ミサイルの脅威で米国を威嚇する北朝鮮について特集。8日、米国・トランプ大統領の「これ以上アメリカを挑発するなら、見たことのない炎と怒りを見るだろう」という北朝鮮への発言を受けて、9日、北朝鮮はグアム島周辺に向けて4発の「ICBM」を発射することを検討していると表明。10日には「ミサイル4発が同時に発射され、日本の島根、広島、高知の上空を通過しながら、グアム周辺30~40kmに着弾する」と、具体的な計画を明らかにしました。

スタジオでは、元防衛省自衛隊情報分析官・西村金一氏が、PAC3は移動型のため、北朝鮮のミサイルが飛行するであろう地域に持っていき、仮にミサイルが日本に飛んでくることになれば、迎撃することができるだろうと解説。すると室井氏が「でも迎撃ってしたらいいものじゃなくて」「下に地面がある場合って、破片がどこに飛んでくるかも分からないですよね」「日本の国土の近くでやったら破片が飛んできて、迎撃も危ないってことですよね」と疑問を呈しました。



■室井佑月氏が北朝鮮のICBM迎撃に本音「破片が飛んできて危ない」

m000

10日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、作家の室井佑月氏が、北朝鮮の「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」を、自衛隊の地対空誘導弾パトリオット「PAC3」で迎撃した際のリスクを指摘した。

番組では、ミサイルの脅威で米国を威嚇する北朝鮮について特集し、識者が見解を語った。8日、米国・トランプ大統領の「これ以上アメリカを挑発するなら、見たことのない炎と怒りを見るだろう」という北朝鮮への発言を受けて、9日、北朝鮮はグアム島周辺に向けて4発の「ICBM」を発射することを検討していると表明した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

室井佑月氏が北朝鮮のICBM迎撃に本音「破片が飛んできて危ない」

■Donald J. Trump Twitter


このニュースに対しネットでは、「グアムはどうなっても良いということですね」「迎撃しなきゃ一帯吹き飛ぶからな。こいつの近くだけ吹き飛ばす超限定的な手榴弾火力程度のICBMでも撃ってくれるなら迎撃なんて考えなくてもいいんだが」「だから海上で撃ち落とすんでしょ」「最初から対案を放棄するというスタイル」「不謹慎だけど、一度日本が攻撃を受けないとどうにもならんと思う」「まじめな話、そこらへんのリスクはどう管理してんの。海上で破壊できるようにしてんのかな」「室井が言いたいのは、要は話し合いでなんとか解決しろと言うことだ。これがわかってないやつらが多すぎ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502413127/

■関連記事
室井佑月 「本当に頭がいい子の机の上はぐちゃぐちゃ」 子どもの才能が伸びる片付け術に疑問
室井佑月 ほのかりんの 「闇の中で生きすぎた」 発言を失笑 「不倫程度で 『闇の中』 だって」

金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる
金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる