多動力 (NewsPicks Book)25日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、実業家の堀江貴文氏が、昔ながらの書店ビジネスに苦言を呈しました。

番組の「夕刊ベスト8」のコーナーでは、「井筒和幸氏 “絶滅に瀕した文化を救え”」と題し、映画監督・井筒和幸氏が日刊ゲンダイで連載しているコラムを紹介。コラムでは、書店がない市町村が全国で2割超になったという新聞記事を見たという井筒氏が「こんなニッポンに誰がしたというやつだ」「発展途上国に逆戻りかよ」と綴っています。

スタジオでは、コメントを求められた堀江氏が「じゃあ、お前がなんとかしろよって話じゃないですか」とバッサリ。スタジオに笑いが起きる中、堀江氏は「ちなみに僕は本屋さんをやっている」と、子会社で書店を10年ほど経営していることを明かし、現在の収益は黒字になっていると告白。

堀江氏いわく、これまでの書店ビジネスは定価販売のみで競争が起こりにくく、返品も可能な出版社からの委託販売のため在庫を抱えるリスクもなかったという。堀江氏は「なんの工夫もしていない」「ただ(本を)置いといたらお金に変わっていた」と痛烈。昔ながらの書店ビジネスはそうした環境だったため「ここにきてなかなか難しくなってきた」と分析しました。



■堀江貴文氏が閉店する書店に対して苦言連発「なんの工夫もしていない」

h000

25日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、実業家の堀江貴文氏が、昔ながらの書店ビジネスに苦言を呈した。

番組の「夕刊ベスト8」のコーナーでは、「井筒和幸氏 “絶滅に瀕した文化を救え”」と題し、映画監督・井筒和幸氏が日刊ゲンダイで連載しているコラムを紹介した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

堀江貴文氏が閉店する書店に対して苦言連発「なんの工夫もしていない」

■ホリエモン祭 公式 Twitter


このニュースに対しネットでは、「いまじゃ立ち読みが当たり前の図書館常態。ビジネスになるわけが無い」「珍しく正論じゃん」「まあ攻めてる本屋(仮にあるんなら)なら生き残れるんじゃね?一部ネットで買えない(うまく見つけれん)のとかはリアル店舗使うし」「アマゾンあるから別に困らない。変な思想押し付けてくるし」「通販に古本屋チェーンに電子書籍と一気にライバルが登場したからな」「インターネット普及前、書店は情報発信の場であり、娯楽の場だった。今はネット媒体が情報発信し、ネットゲームが新しい娯楽になっている。街の書店はインターネットに駆逐された。が正解」「まあ確かになんで本って安売りしないんだろうと昔から不思議に思っていたな」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503901504/

■関連記事
<ホリエモン×ひろゆき> 疑問視する楽天のビジネス 「ジリ貧になっていく可能性は高いよね」
ホリエモンロケット打ち上げ失敗か 宇宙への夢かなわず

バカは最強の法則~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方~
バカは最強の法則~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方~