ガラスの仮面 1 (花とゆめCOMICS)演劇漫画の金字塔として時代を超えて愛される『ガラスの仮面』の初の本格的な原画展が、松屋銀座8階イベントスクエアにて開幕し、作者の美内すずえが作品誕生秘話、名シーンへの思いを語りました。

美内は、舞台裏を取材することはあえてしなかったと振り返り、その理由を「現実を知ると空想の翼が羽ばたかなくなるんじゃないかと思ったんです。実際のお稽古を見ていたら、体中を竹ざおで固定する“竹ギブス”も生まれなかったかもしれない(笑)」と明かしました。

40年続いた同作品。無事、完結するのかについては、「20年以上前からラストの構図まで決まっているんです。でも、描きたいことがありすぎて、なかなかそこにたどり着けない(笑)。皆さま、あと少しお待ちください。結末は絶対描きますので、最後までついてきて!」と呼びかけました。



■『ガラスの仮面』40周年 美内氏「結末絶対描きます」

g000

「40周年って、私自身はそれほど長い気がしないというか、精神面は昔となんら変わらない。ただ、どんどん変わっていく世相に合わせて表現を変える必要に迫られることはありました。黒電話や公衆電話だったのが、途中から携帯電話になったり(笑)」

そう語るのは、漫画家の美内すずえ先生。連載開始から昨年で40周年。演劇漫画の金字塔として時代を超えて愛される『ガラスの仮面』。初の本格的な原画展が、松屋銀座8階イベントスクエアにて開幕したが、40年の歴史を彩るモノクロ原稿、カラー原画など展示数はじつに400点以上。作者の美内先生が語る作品誕生秘話、名シーンへの思いとは――。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

『ガラスの仮面』40周年 美内氏「結末絶対描きます」

■連載40周年記念 ガラスの仮面展 Twitter


このニュースに対しネットでは、「こんなんまだやっとったんかよ」「早く終われよこっちが死んでまう」「きちんと最後まで終わらせるというのは、作家の大事な使命だなぁ」「とりあえずいつ何があってもいいようにラストは文字化して公開してくれ」「まったく未読だけど40年で何歳になったの?おばさん女優になったの?(´・ω・`)」「王家の紋章もまだやってるの?」「ある意味冨樫より不誠実とも」「テレビに出て70歳のファンの話をしてたけど笑った。そのファンが死ぬのが先か? 最終回が先か?」「途中までは本当に面白かった。流石にもう読んでないけど今読んでも二人の王女くらいまでは凄い面白い」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504440344/

■関連記事
有吉弘行 「こち亀」 最終回を痛烈に批判 「しょうもなかったなぁ…」
不朽の名作! 大学生がちょっと古いけど今読んでもおもしろいと思う少女漫画9選

『ガラスの仮面』の舞台裏 - 連載40周年記念・秘蔵トーク集
『ガラスの仮面』の舞台裏 - 連載40周年記念・秘蔵トーク集