行ったり来たり 僕の札束: 日本一有名な整形外科医が初めて語る医者とカネ美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が11日、ツイッターを更新し、パートナーで漫画家の西原理恵子さん(52)と大相撲秋場所を生観戦している様子を報告しました。

その後のツイートで、「今日は沢山の高須クリニックの懸賞をつけたのに取り組み表に載ってない。なんでだ?なう」と取組表の画像をアップ。日本相撲協会に確認したところ、「つけおとしました。明日からちゃんとやります」との回答が返ってきたという。

前頭13枚目の錦木に3本、同7枚目の勢に5本 結びの一番に3本の懸賞をつけたという高須院長は「今からの取り組みに間に合わせないなら、ただではおかない 怒り狂うかっちゃん なう」とツイート。

その後、錦木の取組は間に合いませんでしたが、勢の取組には間に合ったようで「懸賞旗間に合ったなう」と写真付きでつぶやきました。



■高須院長、激怒!西原理恵子さんと秋場所生観戦で懸けたはずの懸賞が…

t000

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が11日、ツイッターを更新し、パートナーで漫画家の西原理恵子さん(52)と大相撲秋場所を生観戦している様子を報告した。

 その後のツイートで、「今日は沢山の高須クリニックの懸賞をつけたのに取り組み表に載ってない。なんでだ?なう」と取組表の画像をアップ。日本相撲協会に確認したところ、「つけおとしました。明日からちゃんとやります」との回答が返ってきたという。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

高須院長、激怒!西原理恵子さんと秋場所生観戦で懸けたはずの懸賞が…

■高須克弥 Twitter


このニュースに対しネットでは、「ひでえなあ」「相変わらず酷い協会だなぁ」「どこもかしこも弛んでるな。ヤバいだろ。仕事をこなすのにこんないい加減なことを連発する国じゃ無かったんだがな」「相撲協会適当過ぎる」「懸賞っていってしまえば宣伝費だからこれダメすぎるだろう」「でもかぶりつきでニコニコしてるバカップルが映っております」「何をどうしたら忘れるんだよ」「こういうのだってかっちゃんが言ってくれたから知ることが出来た訳で、普通の企業やらじゃイメージ気にして表に出すことしないから世間は知らないままだっただけで、これまで幾度となくあった事象なんだろうなぁ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505118289/

■関連記事
高須院長 「髪や歯や顔すらも一皮、全部剥いた」 19年間で500回以上の“全身整形”告白にスタジオ驚愕
「ミヤネ屋」 浅野史郎氏発言を謝罪 高須院長訴訟をめぐり

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと
女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと