鋼の錬金術師 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)12月1日(金)に全国ロードショーが迫る全世界待望のファンタジーエンターテインメント超大作『鋼の錬金術師』の本予告映像が公開され、原作者の荒川弘から絶賛のコメントが届きました。

原作は、累計7000万部超の大ベストセラー『鋼の錬金術師』。公開された本予告映像では、MISIAによる書き下ろしの主題歌『君のそばにいるよ』と共に、エドとアルが失った身体を取り戻すために出た、壮大な旅の様子が描かれています。

原作者の荒川は「観た瞬間、“エドがいる!”って驚いて、冒頭からアクション全開で一気に世界観に引き込まれました。この物語を1本の映画にまとめるために大変苦労をされたと思いますが、原作への寄り添い方とずらし方が絶妙で原作ファンのみなさんにも“こう来たか!こう来たか!”って、全編飽きることなく、楽しんでいただけると思います」とコメント。さらにエドを演じた山田涼介についても「エドが背負った罪を見事に表現されている。エドとアルの兄弟は、壮大な旅の中でどんな選択をするのか。エンドロールできっと、涙が溢れてくると思います。純粋に楽しかった。自分でマンガを描いておいて何ですが(笑)」と大絶賛しています。



■「エドがいる!」原作者・荒川弘、大絶賛!『鋼の錬金術師』本予告映像公開

h000

全世界待望のファンタジーエンターテインメント超大作『鋼の錬金術師』。12月1日(金)に全国ロードショーが迫る中、本予告映像が公開され、原作者の荒川弘、アニメ『鋼の錬金術師』でエドとアルの声優を務めた、朴ロ美(ロの字は王に路)、釘宮理恵から絶賛のコメントが届いた。

原作は、累計7000万部超の大ベストセラー『鋼の錬金術師』。幼き日に最愛の母親を亡くした、兄エドと弟アルのふたりは、「もう一度、母さんに会いたい」と、錬金術で人体錬成に挑む。だが、錬成は失敗。禁忌を犯したエドは左足、アルは身体全部を代価として持って行かれてしまう。瀕死のエドがとっさに右腕と引き換えに、アルの魂だけを錬成し鎧に定着。義肢のエドと鎧のアルは、全てを取り戻すために旅に出るのだった―。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

「エドがいる!」原作者・荒川弘、大絶賛!『鋼の錬金術師』本予告映像公開

■映画『鋼の錬金術師』本予告【HD】2017年12月1日公開


このニュースに対しネットでは、「俺も正直悪くないと思う。実写化ってだけで何でも批判するのよくないよな」「アルの鎧は評価してもいい」「アルの声が何かおかしいような」「金髪似合わん日本人」「頑張ってるのかもしれないが、日本人の顔立ちにこの衣装はやっぱりコスプレっぽくなるね。内容はどうか分からんが原作ファンにそっぽ向かれたら爆死だろうな」「進撃の巨人の実写化よりはマシかな」「グラトニーだけ完璧だった」「またディーンさん」「銀の匙もあれだっただろ」「この10年で一番きれいに完結した漫画が鋼の錬金術師でラノベがフルメタルパニック。異論は認めないこのもない」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507079689/

■関連記事
「進撃」 「テラフォ」 の二の舞? 「鋼の錬金術師」 実写映画化、成功の鍵はこの1点
鋼の錬金術師(ハガレン)最終話掲載の「少年ガンガン」即品切れ、転売厨も

鋼の錬金術師 Blu-ray Disc Box(完全生産限定版)
鋼の錬金術師 Blu-ray Disc Box(完全生産限定版)