映画監督、北野武。世界中で高い評価を受ける北野武監督作品のなかで、唯一のシリーズものであるバイオレンス映画「アウトレイジ」 が『アウトレイジ 最終章』でラストを迎えます。

北野監督は、「もともとバイオレンス映画は嫌いじゃないってこともあるし、興行的にも大ヒットとはいかないけれど、赤字ではなく、次の映画を撮るぐらいの収益は上げているんだよね」と状況を分析。

日本映画界について、「以前は、石原裕次郎さんや萬屋錦之介、高倉健さんみたいな、別のところで対抗できるすごい俳優がいたんだけれど、それもいなくなってしまった。しっかり主役を張れる奴がいないよね。テレビとか観ていても、若手の俳優が出て来たって2年も持たない。女優もみんな同じパターンの芝居ばっかりで飽きちゃうよね。あとは芝居がうまくても、とても主役の器じゃないような奴が主演をやったりね」と、いるだけで輝きを放つスターが生まれなくなったと語りました。



■北野武監督、「しっかり主役を張れるヤツがいない」日本映画界の現状を嘆く

k000

 世界中で高い評価を受ける北野武監督作品のなかで、唯一のシリーズものであるバイオレンス映画「アウトレイジ」 が『アウトレイジ 最終章』でラストを迎える。「興行的にも失敗していないんだよね」とシリーズ化した理由の一端を語った北野監督が、作品に込めた思いや「いい主役がいない」と嘆く日本映画界の現状について語った。

「アウトレイジ」シリーズは赤字を出してない!
 1989年に公開された『その男、凶暴につき』でメガホンをとって以来、30年近くに渡りコンスタントに作品を撮り続けてきた北野監督。そのなかでも「アウトレイジ」はシリーズ化された。「もともとバイオレンス映画は嫌いじゃないってこともあるし、興行的にも大ヒットとはいかないけれど、赤字ではなく、次の映画を撮るぐらいの収益は上げているんだよね」と状況を分析する。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

北野武監督、「しっかり主役を張れるヤツがいない」日本映画界の現状を嘆く

■『アウトレイジ 最終章』公式だバカヤロー Twitter


このニュースに対しネットでは、「だから自分が出演してるのか」「ていうか、いつから邦画ってこんな感じになってんの?すっかり観なくなったわ。テレビ&芸能業界とリンクしてるよね?」「ネットが全て悪いんだよね」「役所はダメなのか」「椎名桔平のスピンオフ。極道になるまでの生い立ちをたけしが撮るなら観に行くけどな」「しっかり主役を張れるヤツって、たけしが一番使いたくないタイプじゃね?w」「日本映画は、妻夫木と岡田と小栗で主役を回してるイメージ」「昔は映画ぐらいしか娯楽がなかったから俳優が神格化されてただけだよ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507260974/

■関連記事
爆問・太田光、無事生出演のたけしから 「松本、嫌いなの?」 と問われ 「大っ嫌いですよ」
ビートたけし テレ東生番組 『おはよう、たけしですみません。』 を欠席

アナログ
アナログ