さよなら小沢健二ミュージシャンの“オザケン”こと小沢健二が、大晦日の第68回NHK紅白歌合戦に内定したと、10月10日に各メディアが報じました。

この報せにファンからは歓迎の声が上がる一方、「大した活躍もしてないのになぜ紅白?」という異論も出ているよう。しかし最大の問題は、このニュースが若者たちにまったく響いていないことだという。

音楽ライターは小沢について、「紅白の視聴率は、テレビを見る習慣のない若者たちをいかに惹きつけるかで上下します。しかし当の若者たちからは『オザケン…誰?』という声しか聞こえてこないのです。小沢の全盛時を知るファンからは『出演者全員で「今夜はブギー・バック」をメドレーだ!』との声も上がっていますが、そもそも同曲は94年のリリース。23歳以下の若者にとっては自分が生まれる前の曲であり、聴いたこともない懐メロに過ぎません」と指摘しています。



■小沢健二の紅白内定に「オザケンって誰?」と若者たちがドッチラケ!

o000

 ミュージシャンの“オザケン”こと小沢健二が、大晦日の第68回NHK紅白歌合戦に内定したと、10月10日に各メディアが報じた。この報せにファンからは歓迎の声が上がる一方、「大した活躍もしてないのになぜ紅白?」という異論も出ているようだ。しかし最大の問題は、このニュースが若者たちにまったく響いていないことだという。音楽ライターが指摘する。

「紅白の視聴率は、テレビを見る習慣のない若者たちをいかに惹きつけるかで上下します。しかし当の若者たちからは『オザケン…誰?』という声しか聞こえてこないのです。小沢の全盛時を知るファンからは『出演者全員で「今夜はブギー・バック」をメドレーだ!』との声も上がっていますが、そもそも同曲は94年のリリース。23歳以下の若者にとっては自分が生まれる前の曲であり、聴いたこともない懐メロに過ぎません」

(抜粋・全文は以下のリンクより)

小沢健二の紅白内定に「オザケンって誰?」と若者たちがドッチラケ!

■小沢健二とSEKAI NO OWARI 『フクロウの声が聞こえる』短篇 Ozawa Kenji & Sekai No Owari “I Hear an Owl” Short


このニュースに対しネットでは、「そもそも若者はガキ使見るから紅白に誰出ようがそこまで興味ないんじゃない」「若者にとっては親御さん世代の人だから知らないか」「出るだけでそこまでケチつけなくても良いだろうにw」「紅白は若者のもんじゃないだろ」「マッチがトリをやるようなふざけた番組に何を求めてるんだろう」「フリッパーズギターなら注目集めるかもしれんぞ」「32歳がギリギリってとこか。それ以下だと誰ってなるのは分かる」「若いコからしたら演歌歌手と変わらないんだな」「今夜はブギーバックは知ってそうだけどな」「小沢健二ってなんでこんな評価されてるのかが謎だな。流行ったとは思うけどさ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507807399/

■関連記事
小沢健二、20年ぶりMステ歌唱 サプライズ発表も 「フジロック出演します」
小沢健二、16年ぶりテレビ生出演 「笑っていいとも!」 で弾き語り披露

フクロウの声が聞こえる(完全生産限定盤)
フクロウの声が聞こえる(完全生産限定盤)