10年後の世界を生き抜く最先端の教育 日本語・英語・プログラミングをどう学ぶか脳科学者の茂木健一郎氏(55)が、安倍晋三首相と会食したダウンタウンの松本人志(54)を批判したと受け取られた自身の発言について真意を説明しました。

茂木氏は17日に放送されたフジテレビ系「THE MANZAI」で政治や社会問題を風刺したネタを披露したウーマンラッシュアワーを称賛するとともに、「時の首相と食事をしてよろこんでいるようなお笑い芸人や、コメンテーターは、別にいてもいいけど、文化にはあまり貢献しないと思う。そういう人たちは、忖度のエンジェルに過ぎないから。それは、公共の電波でやるコメディーではありません」とツイート。

この発言は、安倍首相と会食した松本らを批判したと一部で受け取られましたが、18日にツイッターで「ぼくのツイートは、松本人志さんや、古市憲寿さんを批判しているわけではありません。むしろ、エールです。私の批判は、常にシステムや、マインドセット、思想に向けられていて、ひとりの人間という存在に対しては常にあたたかい気持ちしかありません。それが安倍さんでも、トランプさんでも」と真意を説明。「安倍さんとの会食こと自体がどうこうというわけではないです。むしろ、番組の表現と一体となって、ある印象を与えていることが残念です。安倍さんというひとりの人間に対するあたたかい視線を保ちつつ、その政策や思想については、批判的ユーモアを向けること、いわゆるローストができたらいいのに」と思いをつづりました。



■茂木健一郎氏、松本人志を批判したとの発言の真意

s000

 脳科学者の茂木健一郎氏(55)が、安倍晋三首相と会食したダウンタウンの松本人志(54)を批判したと受け取られた自身の発言について真意を説明した。

 茂木氏は今年3月に「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」と批判して物議をかもしたが、17日に放送されたフジテレビ系「THE MANZAI」で政治や社会問題を風刺したネタを披露したウーマンラッシュアワーを称賛するとともに、「別に、コメディーとしては当たり前だと思うんだけど、それくらいのことが流せないで、地上波テレビにかかわっている人は、何がやりがいだと思っているんだろうかと思う。忖度(そんたく)よりも勇気を。 もうそろそろ、先に行きませんか」と、権力に忖度するメディアを再びチクリと刺した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

茂木健一郎氏、松本人志を批判したとの発言の真意

■茂木健一郎 Twitter


このニュースに対しネットでは、「ヘタレ」「どう見ても松本批判じゃん」「本当に面白くないやつだな。批判だから意味があったんだろうに」「全然釈明になってないような。どこがエールなの?」「自分の発言に責任もてよ ビビって火消しに必死なのがセコい」「ひよったあああああ。多分TV出演ぽしゃったんだろw」「ワイドナショーから出演依頼きてびびったん?」「言いたいことを貫けよ。ヘタレすぎてイライラするわ」「批判ではない、エールだって釈明としては最悪じゃんw」「「反省も謝罪もするつもりはありません」とは何だったのか」との反応。

元スレ:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513597736/

■関連記事
茂木健一郎氏 またお笑い批判 「なれあい、内輪受けの番組ばかり…もうそろそろ変わろうよ」
脳科学者の茂木健一郎氏、就活生の没個性指摘 「この国は終わっている」

教育とは何?-日本のエリートはニセモノか
教育とは何?-日本のエリートはニセモノか