死化粧師 ~エンバーマー 間宮心十郎~ DVD-BOX第94回箱根駅伝で、青学大が総合4連覇へ向けて選手が快走を続ける中、日大陸上部時代に箱根駅伝に出場した経験を持つ俳優・和田正人(38)の専門的内容のツイッターがトレンド入りしました。

和田はこの日のツイッターで、6区の青学大・小野田と東洋大の今西の走りについて“実況”したほか、山下りで逆転した青学大について「勝ち方を知っている常勝軍団の横綱相撲が始まりそうな予感」などと投稿。そんな中、話題を集めたのは、駒沢大の7区・工藤の走りに関するツイート。13位で出た工藤でしたが、前半途中から蛇行し始め、太ももを手で叩きながら前進。フラフラになりながらも8区の白頭にタスキをつなぎました。

和田は工藤の異変について「20年くらい前から、突如として長距離界に蔓延し始めた、片脚の力が抜ける例のヤツかもしれない。未だ原因も治療法も不明」「実は私も大学2年で発症。未だ抜けるような違和感がある」とつづり、この状態を「長距離界では『ぬけぬけ病』などと呼ばれている」と説明しました。

これを受け「工藤選手」がトレンド入り。和田はさらに「長距離ランナーを襲う謎の病。メジャーな病として世の中に問題提起する事により、何かしらの改善方法が現れるかもしれない。まずは知ってほしい。数々の名ランナーを引退へ追い込んだこの出来事を」と問題提起。このツイートにも賛辞が集まっています。



■“箱根経験者”和田正人「ぬけぬけ病」投稿がトレンド入り 駒大・工藤の異変で問題提起も

w000

 第94回箱根駅伝で、青学大が総合4連覇へ向けて選手が快走を続ける中、日大陸上部時代に箱根駅伝に出場した経験を持つ俳優・和田正人(38)の専門的内容のツイッターがトレンド入りした。

 和田はこの日のツイッターで、6区の青学大・小野田と東洋大の今西の走りについて“実況”したほか、山下りで逆転した青学大について「勝ち方を知っている常勝軍団の横綱相撲が始まりそうな予感」などと投稿。以降、実際に青学大が独走状態となっている。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

“箱根経験者”和田正人「ぬけぬけ病」投稿がトレンド入り 駒大・工藤の異変で問題提起も

■和田正人 Twitter


このニュースに対しネットでは、「たまたまここだけ見たわ。かわいそうだった」「8区イキリオタクの方がトレンド上位だが」「なぜ走らせたんだろか」「ぬけぬけ病とかもやもや病とかは、いまいち深刻さが伝わらないネーミングだと思う」「結構走り出して早い段階で辛そうにしてたから、リタイアかなーと思った。よく完走したな」「はげは不治の病たからあきらめろ」「走る人じゃなくても体に力が入らなくなる時あるよね。しびれてるわけでもないのに」「手の握力が妙に抜ける時があるが、あれに近いのかな」「力が入らないということは一時的に神経が遮断されるんじゃないかね」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514962074/

■関連記事
【箱根駅伝】 青学大、史上6校目総合4連覇 下馬評3強争いも復路逆転圧勝
「下町ロケット」 続編決定で、前作では無名だった竹内涼真が無双状態に

陸王 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX
陸王 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX