1日10分走る青トレ第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)で史上6校目の総合4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)は、レース後の会見で「私の発言に対して嫌う方もいますが、根底に陸上界を盛り上げたい(思いがある)」と、今後も陸上界や箱根駅伝の在り方について“物申す”姿勢を変えないことを明かしました。

「原だけの力では無理。多くの支えがあって優勝できました」と感謝した原監督。一方で、優勝した強いチームだからこそ言えることがあるとして、「本質とは何かと常に発言しています。発言に対して、旧態依然とした流れの中で嫌う人もたくさんいますが、根底には陸上界を盛り上げたい思いがある。ライバルは早稲田や駒沢、東海でなく、サッカー界、野球界なんだと」と、今後も多くの若者が長距離を目指してもらいたいために、日頃から改革案を伝えていきたいと宣言。

さらには、発言力を持つには、強くないと意味がないからと、年末のミーティングで「メッセージを伝えるためにも、オレに力をくれ。そのために勝って欲しい…と素直にお願いしました。選手は2日間、本当に頑張ってくれた」と明かしました。



■【箱根駅伝】原監督、過激発言の根底には「陸上界を盛り上げたい」…レース後会見で今後も“物申す”姿勢示す

h000

◆報知新聞社後援 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 史上6校目の総合4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)は、レース後の会見で「私の発言に対して嫌う方もいますが、根底に陸上界を盛り上げたい(思いがある)」と、今後も陸上界や箱根駅伝の在り方について“物申す”姿勢を変えないことを明かした。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

【箱根駅伝】原監督、過激発言の根底には「陸上界を盛り上げたい」…レース後会見で今後も“物申す”姿勢示す

■読売新聞箱根駅伝 Twitter


このニュースに対しネットでは、「お前らの敵はケニアだから」「日本の長距離はオリンピックでサッパリだからなー。短距離の方が最近は頑張ってる」「この人やたらバラエティ番組とか出て目立ちたいだけだろ。他の監督とかまったくでないし、胡散臭い人だよな」「興行スポーツとしては難しいなぁ。見てて画が変わりにくいじゃない」「男子長距離世界に全然通用しないよね」「まず駅伝は日本にしかないからさ」「まあけど原の言うことももっともだと思うこともあるぞ。箱根の全国化だって原が言い出したから100回記念大会から全国化みたいな話になったんだろうし」「箱根駅伝のせいで日本男子はマラソンが弱いんだよ。一番大切な時期にマラソンの練習が出来ない弊害をなんとかしろ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514964819/

■関連記事
【箱根駅伝】 青学大、史上6校目総合4連覇 下馬評3強争いも復路逆転圧勝
【箱根駅伝】 青学大3連覇!今年度3冠達成で 「サンキュー大作戦」 完結

フツーの主婦が、弱かった青山学院大学陸上競技部の寮母になって箱根駅伝で常連校になるまでを支えた39の言葉
フツーの主婦が、弱かった青山学院大学陸上競技部の寮母になって箱根駅伝で常連校になるまでを支えた39の言葉