海月姫(1) (Kissコミックス)女優芳根京子(20)主演のフジテレビ系連続ドラマ「海月姫(くらげひめ)」の制作発表が11日、都内で行われました。

芳根の連ドラ主演は、昨年度後期のNHKテレビ小説「べっぴんさん」以来で、3度目。コメディー初挑戦で分厚いメガネを掛けたド近眼のオタク女子を演じる芳根は「すごく楽しいですね。鏡を見て、すごく自然に受け入れられました。衣装がスエットの時が多いので、すごく楽で楽屋にいるような気分です(笑い)。目が悪くて家ではメガネを掛けているし、中学の時はピンクのメガネを掛けていたので、親も違和感がないと言っています。爆笑が絶えない現場です」と笑顔を見せました。

また、フジテレビの看板枠の月曜午後9時台のドラマ「月9)」初主演について芳根は「プレッシャーはあります。正直つらい。でも、撮影は毎日あるので、そこで悩んでいられない。悩んでいる場合じゃない、とにかく作品を愛し、現場を愛し、月海を愛し、尼~ずを愛して、120%でやっています」と話しました。



■フジ月9主演の芳根京子、看板背負い「正直つらい」

y000

 女優芳根京子(20)主演のフジテレビ系連続ドラマ「海月姫(くらげひめ)」(15日スタート、月曜午後9時)の制作発表が11日、都内で行われた。芳根の連ドラ主演は、昨年度後期のNHKテレビ小説「べっぴんさん」以来で、3度目。原作は累計420万部超の東村アキ子氏の人気漫画。芳根が演じるのは幼い頃に亡き母親に連れて行かれた水族館で海月(クラゲ)に魅せられてしまった“クラゲオタク女子”の倉下月海(つきみ)。イラストレーターを夢見て鹿児島から上京。だが、自らを“尼~ず(あま~ず)”と呼ぶ、オタク女子たちと一緒に外部との接触を避け、自分たちの世界だけに浸っている。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

フジ月9主演の芳根京子、看板背負い「正直つらい」

■【公式】海月姫(くらげひめ) Twitter


このニュースに対しネットでは、「視聴率4%取りそうだしな」「月9なんて誰もやりたくねーしよく頑張ってるなw」「坂井真紀の若い頃みたいな顔だな」「正直気の毒」「彼氏のしそんのほうが美形」「死んだ魚の眼」「原作はそこそこ人気あるんだしょ? それとメイン役者の知名度とで、初回どれぐらい取れるもんなのかね」「篠原涼子の記録を下回りそうだろこれw」「火曜日の枠でやってそうなドラマをなぜ月9でやるのか」「これ能年玲奈で爆死してなかったか?」「この作品て女陣が主役なのに、何で男ばっか並べてんだよ。嫌な予感しかしねーなw」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515666965/

■関連記事
芳根京子、4度目の正直でNHK朝ドラヒロインに決定 今秋から放送の 「べっぴんさん」
三ツ矢サイダーCM中止に 「この度は誠に申し訳ございませんでした」

芳根京子ファースト写真集『ネコソガレ』
芳根京子ファースト写真集『ネコソガレ』