罪と音楽音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が、引退を電撃表明した今月19日の記者会見で、2011年にくも膜下出血で倒れた妻・KEIKO(45)の現状を赤裸々に明かしたことに22日、フジテレビ系の生番組「バイキング」で、賛否両論が激しく闘わされる事態になりました。

番組ではジャーナリストの木村太郎氏が前日21日、同局系「Mr.サンデー」で、小室がKEIKOの病状を詳細に話したことについて、厳しく批判したことを紹介。司会の坂上忍は「いくら旦那さまだといって、あそこまでKEIKOさんの病状を赤裸々に語れるのかなってふと疑問に思っちゃった」、美容家のIKKOも「お互い出る立場として、細かく言わなくてもいいんじゃない?」と、疑問を呈しました。

これに対し、父親の介護経験があるタレントのフィフィは「家族とかパートナーが、人格が変わってしまうくらいの状況になるっていう壮絶な介護になってくると、常識とか正義とかで裁かれるようなことじゃなくて、本当に理解してもらいたい」と、小室に強く共感。タレントの野々村真も「フィフィさんと一緒で。本当に大変で、自分のつらいこととか誰かに聞いてほしい時が必ずあったから、どうしても赤裸々に、どっかで最後はもうこれしかないっていう…」と、小室に同情しました。



■妻KEIKOの現状を赤裸々に明かした小室に「バイキング」が大激論

k000

 音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が、引退を電撃表明した今月19日の記者会見で、2011年にくも膜下出血で倒れた妻・KEIKO(45)の現状を赤裸々に明かしたことに22日、フジテレビ系の生番組「バイキング」で、賛否両論が激しく闘わされる事態になった。

 番組ではジャーナリストの木村太郎氏が前日21日、同局系「Mr.サンデー」で、小室がKEIKOの病状を詳細に話したことについて、厳しく批判したことを紹介。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

妻KEIKOの現状を赤裸々に明かした小室に「バイキング」が大激論

■フィフィ Twitter


このニュースに対しネットでは、「なぜ他人のことにこんなに激論できるんだろ。よその家庭のことだもん、関係ないじゃんって思ってしまう」「答えなくても文春に全部書かれちゃうからな。プライバシーって何だろうね」「大沢あかねがまともなこと言ってた」「フィフィの発言に鬼の首取ったような顔して「そういうことじゃないんだよなあ!」と叫んでた坂上、したり顔で坂上に同調する東国原。吐き気がした」「最後に「これからも夫婦として続けていけますか?」みたいなこと訊かれて「はい」と答えてたしもうそっとしとけや。いつまで外野が騒いだんだよ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1516609550/

■関連記事
マツコ、週刊誌は 「もうちょっと人のためになる記事にシフトしていかないと、多分一気に終わる」
【小室・KEIKO介護問題】『高次脳機能障害』専門家「配偶者1人では無理」裁判で離婚認められるケースも

Digitalian is eating breakfast
Digitalian is eating breakfast