人生の金メダリストになる「準備力」 成功するルーティーンには2つのタイプがある長野五輪スピードスケート男子500メートル金メダリストの清水宏保氏(44)が28日放送のTBS系「ビビット」にゲストコメンテーターとして出演し、五輪メダリストの報奨金について「足りない」と発言しました。

平昌五輪スピードスケート女子で新種目のマススタートと団体追い抜きの2個の金メダルを獲得した高木菜那(25=日本電産サンキョー)には、JOCと日本スケート連盟からそれぞれ500万円の報奨金が贈られ、団体追い抜きも個人でもらえることで、2種目の合計は2000万円。所属する日本電産サンキョーは前回ソチ大会で「1番(金メダル)=2000万円」の報奨金を設定。今回の金額は不明ですが、前大会と同じなら高木菜那は総額6000万円の“金メダル”ボーナスを手にすることになります。

清水氏は「本当、うらやましいですよね」としつつも、「正直、すごくもらっているなというイメージはあるんですが、足りないと思います。年間の活動費で考えてみますと、道具代とかトレーナーさん、コーチ費用とか、自分で出してます。そういった活動費に回っているのが実情です」とコメント。「継続的に出していく、もしくは計画がしっかりしているなら金融機関は無利息・無担保で借りられるような人生設計を含めて連盟がサポートするような支援が望ましい」と持論を展開しました。



■五輪2冠・高木菜那の“金ボーナス”に清水宏保氏「うらやましい…でも足りない」

s000

 長野五輪スピードスケート男子500メートル金メダリストの清水宏保氏(44)が28日放送のTBS系「ビビット」にゲストコメンテーターとして出演し、五輪メダリストの報奨金について「足りない」と発言した。

 平昌五輪スピードスケート女子で新種目のマススタートと団体追い抜きの2個の金メダルを獲得した高木菜那(25=日本電産サンキョー)には、JOCと日本スケート連盟からそれぞれ500万円の報奨金が贈られる。団体追い抜きも個人でもらえることで、2種目の合計は2000万円。所属する日本電産サンキョーは前回ソチ大会で「1番(金メダル)=2000万円」の報奨金を設定。今回の金額は不明だが、前大会と同じなら高木菜那は総額6000万円の“金メダル”ボーナスを手にすることになる。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

五輪2冠・高木菜那の“金ボーナス”に清水宏保氏「うらやましい…でも足りない」

■清水 宏保 Twitter


このニュースに対しネットでは、「五輪需要だけって認識出来ないのか(笑)」「金稼ぎたいなら金を稼ぐスポーツやればよい。オリンピックは元々アマチュア選手の祭典だったの忘れるな。野球、サッカーは客が入りその収益で給料にあてがわれる。オリンピックのビッグマネーがどこに流れるか提言するなら分かるが」「スポーツでお金が発生するのは人気とスポンサーが全て。どちらかが無ければそれはプロじゃなくて趣味の延長。高い人気があってスポンサーが付いて初めてお金が発生する。お金が欲しい!と言っても意味ない、人気を上げるにはどうすればだよ」「オリンピアンに違和感ある」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519805642/

■関連記事
【メダリスト】 羽生結弦、林文科相に環境整備を要望 「フィギュア人口多い中でリンク少ない」
徳光和夫、カー娘のおやつは 「普通の味」 共演陣に総攻撃受け謝罪

金メダリストが考えた 世界一の腰痛メソッド
金メダリストが考えた 世界一の腰痛メソッド