Quick Japan (クイックジャパン) Vol.104 2012年10月発売号 バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)が、お笑いコンビ「尼神インター」の誠子(29)に仕掛けたドッキリの内容に、一部の視聴者から「やりすぎ」との指摘が出ています。

2018年2月28日の同番組では、「『ベッドの中に人がいる』が結局一番怖い説」と題した企画を放送。これは、若手芸人が自宅やホテルのベッドをめくると、中に見ず知らずの男性が寝ているという仕掛けのドッキリ。

ターゲットの中で唯一の女性芸人だった誠子は、ベッドに上がりかけ、違和感に気付いたのか硬直。不審そうな様子で掛布団をめくると、そこには見ず知らずの男性が。「キャー」と大きな叫び声を上げ、ベッドから飛び退き部屋の床に倒れ込んだ誠子は叫び声を上げ続けながら、腕を必死に使って逃げようとする。ここでVTRでは「完全に腰が抜けてしまった」とテロップが入り、MCの浜田雅功(54)は、「腰抜けた、腰抜けてる!」と手をバンバンと叩いて大受けしていました。



■自宅ベッドに男性、女芸人が腰抜かし悲鳴... TBSドッキリに「やりすぎ」「流石に笑えない」

d000

バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)が、お笑いコンビ「尼神インター」の誠子さん(29)に仕掛けたドッキリの内容に、一部の視聴者から「やりすぎ」との指摘が出ている。

2018年2月28日の同番組では、「『ベッドの中に人がいる』が結局一番怖い説」と題した企画を放送。これは、若手芸人が自宅やホテルのベッドをめくると、中に見ず知らずの男性が寝ているという仕掛けのドッキリだ。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

自宅ベッドに男性、女芸人が腰抜かし悲鳴... TBSドッキリに「やりすぎ」「流石に笑えない」

■水曜日のダウンタウン Twitter


このニュースに対しネットでは、「クロちゃんはもう精神がおかしくなってるのかほとんど驚いてなかったな」「めっちゃおもろかったわ」「これみてたけど演技で怯えてたのかガチなのかドッキリだとほんと分からん」「これはガチなのか仕込みなのか」「せっかくネタバラシ後にキレキレの突っ込みして笑ったのにこれで可哀想笑えないとか同情されたら芸人誠子が可哀想だわ」「ドッキリ番組って不快でしかない。それが番組として成立して、喜んで見てる人がいるのが本当に理解できない」「これ男の芸人に仕掛けたドッキリなら問題にならない。女性だからと過度に批判すると女芸人の仕事を奪うことになる」「自宅でああいうのやられると何もないときも警戒するようになっちゃうからね。さすがに可哀想」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519890771/

■関連記事
松本人志、非常識なファンに警告 「絶対にシバく」
クロちゃん 「2型糖尿病」 と医師から怒りの診断 「死にたくない!助けて!!」

悪意とこだわりの演出術
悪意とこだわりの演出術