夢を生きる史上最年少での国民栄誉賞が検討され、平昌五輪での連覇のフィーバーの余波が続く羽生結弦(23)は2月27日、日本記者クラブでの会見での記者からの「孤独感はあるか」「どう向き合っているのか」という質問に、羽生は冗談を交え、どこかサバサバした表情で「『(孤独は)ある』と言ったほうがおもしろいですかね?(笑い)なくはないです」と答えました。

高校時代の同級生は、「学校で笑顔を見たことはほとんどありません。友達も全然いなくて、授業のノートを見せ合ったりして仲がいいなという印象だったのは、野球部の男子1人と陸上部の女子1人ぐらいでした。むしろ、友達をつくろうという気もなさそうな感じ。」と証言。

「たまに羽生くんが学校に来ると、わざと大きな声で聞こえるように“しゃしゃるな”“調子に乗るな”とやっかみを言う生徒がたくさんいました。でも、羽生くん自身はまったく意に介してない様子でしたね」と明かしました。



■羽生結弦、孤独だった高校時代 やっかみも意に介さず

h000

「孤独な木は、仮に育つとすれば、丈夫に育つ」とは、イギリスの名宰相チャーチルの言葉だ。寄り集まって「森」を作るほうが、生存のためには有利に違いない。「荒野」で芽吹いても、多くは生き残れない。しかし、たった1本で立ち、寒暖や風雨という悪条件に耐えて成長したなら、森で育った木とは違った、「特別な木」になる──。

「『(孤独は)ある』と言ったほうがおもしろいですかね?(笑い)なくはないです。以前は『すごく孤独だな』『誰もわからないだろうな、この気持ち』と思いながらやっていました」

(抜粋・全文は以下のリンクより)

羽生結弦、孤独だった高校時代 やっかみも意に介さず

■羽生結弦のスケート靴、わずか1日で3000万円超え


このニュースに対しネットでは、「いじめのある東北高校には入れたくないない」「東北と育英は仙台では最底辺高だから仕方ない」「そいつら負け犬丸出しやんw」「醜い僻み妬みだ」「そもそもろくに通ってないだろ?」「嫉妬に狂った奴が潰そうとするアホな日本の学校制度。羽生には関係なかったようだが」「男子フィギュアって妬みの対象になるのが驚き。四大陸とか言われてもどれくらいすごいのか高校生は興味なさそうだし」「国内と世界を飛び回る凡人と天才を同価値で図れると勘違いしてる同級生が恥ずかしいってだけやな」「本人が知らないわけないだろう。仮にそうだとして、当日拒否られたらどうするんだ」「すでにトレーニングはしてるはず。じゃないと走れるわけない」「これがあるから日テレは大嫌い。フジよりも嫌い」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520510399/

■関連記事
【メダリスト】 羽生結弦、林文科相に環境整備を要望 「フィギュア人口多い中でリンク少ない」
【平昌五輪】 羽生結弦 「ほんとのほんとの気持ちは嫌われたくない」

羽生結弦 平昌オリンピック2018 フォトブック
羽生結弦 平昌オリンピック2018 フォトブック