横山由依(AKB48)がはんなり巡る 京都いろどり日記 第3巻 「京都の春は美しおす」編(Blu-ray Disc)今月をもって終了する『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で17日、「めちゃ日本女子プロレスFINAL」としてAKB48軍団との“執念のラストマッチ”が放送され、お笑いコンビ・オアシズの光浦靖子に対するAKB48・横山由依の攻撃が「やりすぎ」「可哀想だ」と一部ネット上で物議をかもしました。

同番組はドキュメンタリー仕立てのバラエティーで、46歳の光浦が己の生き様を見せると過酷なトレーニングを積み、最後のリングに上がりました。横山の攻撃には、たしかにお笑いムードを一掃するほどの迫力。回し蹴りやサッカーボールキックなどを容赦なく叩き込むと、光浦はたまらずリングにしゃがんだまま泣き出しました。

「プロレスといってもあくまでバラエティーとしての試合でしょう。光浦が泣いたのも演出の範囲内というのは、冷静に見ればわかりますよ」と話すのは、地上波放送局の40代男性プロデューサー。スポーツ紙の40代男性記者は、「中途半端なことをしてはプロレスに対しても、光浦に対しても失礼なことになりますし、下手に手加減をしようとするほうが危険を招く場合もあります。あえて批判されるのを覚悟で悪役を買って出たのではないでしょうか」と分析しています。



■AKB48・横山由依、めちゃイケ女子プロ、光浦への攻撃はやりすぎか?演出か?

y000

 今月をもって終了する『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で17日、「めちゃ日本女子プロレスFINAL」としてAKB48軍団との“執念のラストマッチ”が放送されたが、お笑いコンビ・オアシズの光浦靖子に対するAKB48・横山由依の攻撃が「やりすぎ」「可哀想だ」と一部ネット上で物議をかもした。番組を見る限り、最後は敵味方もなくノーサイド、まさに大団円といったムードで感動のフィナーレを迎えていたが、それほど横山の攻撃は危険なものだったのだろうか。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

AKB48・横山由依、めちゃイケ女子プロ、光浦への攻撃はやりすぎか?演出か?

■横山由依 Twitter


このニュースに対しネットでは、「※演出です」「福徳のバスケとどっちが酷かったんだ?」「正直何度も中断したが各イベントが冗長で見てられなかったな。アイドルの試合だけやった方が良かったと思う。てか製作者にプロレス愛がなかった。経ってる光浦とかはガチファンだが制作サイドは別に元や今もファンじゃないだろ」「プロレスやって可哀想って言われる様じゃ駄目だ」「こういうクレーマーがテレビをダメにする。面白かったわ」「つまり小池栄子ちゃんでないとダメなのです」「敵役なんだから、こういう声がある事は成功だったんだろ。オレは小池じゃなくてガッカリだけどな」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521459136/

■関連記事
フジテレビ 『めちゃイケ』 最終回5時間SPにたけし・中居らゲスト “オール新撮”
「めちゃイケ」 ナイナイのネタ巡りネット大荒れ

AKB48 49thシングル選抜総選挙~まずは戦おう! 話はそれからだ~(Blu-ray Disc5枚組)
AKB48 49thシングル選抜総選挙~まずは戦おう! 話はそれからだ~(Blu-ray Disc5枚組)