夢は、努力でかなえる。スキージャンプ界の“レジェンド"葛西紀明(45)が、4月1日放送のTBS「スポーツ天国と地獄~今だから話せる!あの名場面のウラ側~」に出演。長野五輪スキージャンプ団体・金メダリストの原田雅彦氏(49)との因縁を初告白します。

五輪8大会に出場し、ソチ五輪では個人・団体で2つのメダルを獲得した葛西。19歳で初出場したアルベールビル五輪(92年)では団体戦4位入賞。続くリレハンメル五輪(94年)では、日本のエースとして団体戦で大ジャンプを飛び貢献。ところが、最終ジャンパーの原田が世紀の失敗ジャンプに終わり、日本は2位に終わりました。

「99%金メダルを獲ると思っていた」葛西はこの結果に落胆。「どんなに失敗しても97・5メートルでは落ちない。先輩でしたけど、蹴っ飛ばしてやりたいと思いました」と当時の心境を語りました。



■葛西紀明、原田との因縁を初告白 長野五輪で“恨み”爆発「メダルを取らないでほしい」

k000

 スキージャンプ界の“レジェンド”葛西紀明(45)が、4月1日放送のTBS「スポーツ天国と地獄~今だから話せる!あの名場面のウラ側~」(後6・30)に出演。長野五輪スキージャンプ団体・金メダリストの原田雅彦氏(49)との因縁を初告白する。

 五輪8大会に出場し、ソチ五輪では個人・団体で2つのメダルを獲得した葛西。19歳で初出場したアルベールビル五輪(92年)では団体戦4位入賞。続くリレハンメル五輪(94年)では、日本のエースとして団体戦で大ジャンプを飛び貢献。ところが、最終ジャンパーの原田が世紀の失敗ジャンプに終わり、日本は2位に終わった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

葛西紀明、原田との因縁を初告白 長野五輪で“恨み”爆発「メダルを取らないでほしい」

■葛西紀明選手が、原田雅彦さんとの因縁を初告白


このニュースに対しネットでは、「高木姉妹を思い出した」「最後まで風が~の言い訳してた葛西・・・」「葛西はテレビで喋るのやめて競技と指導だけにしてほしいわ。イメージ悪い」「初告白って…。何度もこの時の話してるじゃん。落ちろー失敗しろーって願ったって」「パシュートで炎上した金髪と葛西。失速した悲劇のヒロイン(笑)と原田。結局同じ穴の狢だったんだね」「原田も原田で解説聞いてるとアレだしほんとこの問題はどっちもなぁ」「まあ人間ですからね、人生賭けてスポーツに取り組んでたらそれに邪魔になる相手、ライバルやら使えない仲間を憎悪したって何らおかしくない、綺麗事ではすまんだろ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1522472082/

■関連記事
【平昌冬季五輪】 葛西、食事には満足も 「暖房が壊れていた」 平昌選手村を公開

40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方
40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方