BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2018年 6月号 [雑誌]5月14日、東京・新代田FEVERで音楽イベント『ホフディラン 春のベースまつり 2018』が開催されました。

7回目となる今年はウエノコウジ(the HIATUS、Radio Caroline)、グレートマエカワ(フラワーカンパニーズ)、Sundayカミデ(ワンダフルボーイズ、TENSAI BAND II)、田村明浩(スピッツ)、寺岡呼人(JUN SKY WALKER(S))、ナガイケジョー(SCOOBIE DO)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)が出演。

ハマ・オカモトは自身のTwitterで、「先輩たちは演奏はもちろんなのだけど話が本当に面白い。さすがだなあ」と感心しつつ、「田村大先生師匠は全部自分の曲みたいに演奏していてリハーサルから血の気が引いた」「凄い次元、あれは。あんな風に自分の塩梅と元からある曲の雰囲気を混ぜられるって、すごい!」と絶賛しました。



■ハマ・オカモト『春のベースまつり』でスピッツ田村の力量に「血の気が引いた」

h000

5月14日、東京・新代田FEVERで音楽イベント『ホフディラン 春のベースまつり 2018』が開催された。ホフディランが主催する同イベントはバンドなどで活躍するベーシストたちが集い、ホフディランの楽曲を演奏してライブステージを繰り広げる春の恒例行事だ。

7回目となる今年はウエノコウジ(the HIATUS、Radio Caroline)、グレートマエカワ(フラワーカンパニーズ)、Sundayカミデ(ワンダフルボーイズ、TENSAI BAND II)、田村明浩(スピッツ)、寺岡呼人(JUN SKY WALKER(S))、ナガイケジョー(SCOOBIE DO)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)が出演した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

ハマ・オカモト『春のベースまつり』でスピッツ田村の力量に「血の気が引いた」

■ハマ・オカモト Twitter


このニュースに対しネットでは、「スピッツって曲調からすると意外だけど、全員めちゃくちゃ演奏上手いんだよね」「で、だれがトキオのサポートメンバー?」「スピッツと同じ年代ならYELLOW MONKEYの廣瀬は巧いと思う」「ウエノコウジがベース祭りに出たり生誕祭をするなんてミッシェル時代には思いつかないな」「その腕を活かすような曲をやってないと思うがね」「やっぱり細野が一番
」「今の時代楽器の腕がうまいとかもう意味がないよ」「好きなバンドはベースが好みに合う説を提唱します」「スピッツは「放浪カモメはどこまでも」のベースラインはカッコイイ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526476625/

■関連記事
ハマ・オカモト、ファンからの 「違法アプリにOKAMOTO’Sが入ってなくて聴けない」 に愕然
浜田雅功長男のハマ・オカモト 「原動力」 のラジオが年内で終了

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR "THIRTY30FIFTY50"(通常盤)[Blu-ray]