キネマ旬報 2018年6月上旬特別号(追悼・高畑勲) No.1780肺がんのため、4月5日に亡くなった映画監督の高畑勲さん(享年82)のお別れの会が、5月15日に東京都の『三鷹の森ジブリ美術館』で営まれました。

盟友である宮崎駿監督は、式辞の最後に「ありがとう、ぱくさん(高畑監督)。55年前に…、あの雨上がりのバス停で声を掛けてくれたぱくさんのことを忘れない」と大粒の涙を流し、声を詰まらせながら故人をしのびました。

アニメ雑誌ライターは、「宮崎監督は高畑監督に捧げる作品を作るつもりのようです。高畑監督が2000年ごろから構想を温めていた絵巻もので『平家物語』が候補として挙がっています」と証言。SNSでも期待を寄せる声があがっています。



■故・高畑勲氏が「遺した構想」宮崎駿監督が映画化か

t000

肺がんのため、4月5日に亡くなった映画監督の高畑勲さん(享年82)のお別れの会が、5月15日に東京都の『三鷹の森ジブリ美術館』で営まれた。色とりどりの草花に飾られた祭壇に、微笑む高畑監督の遺影が飾られていた。

盟友である宮崎駿監督は、式辞の最後に「ありがとう、ぱくさん(高畑監督)。55年前に…、あの雨上がりのバス停で声を掛けてくれたぱくさんのことを忘れない」と大粒の涙を流し、声を詰まらせながら故人をしのんだ。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

故・高畑勲氏が「遺した構想」宮崎駿監督が映画化か

■高畑勲さんのお別れの会


このニュースに対しネットでは、「やるなら若手にやらせようぜ」「宮崎駿にそういう人情みたいなものがあるかなあ」「超適当な記事だな。駿は今オリジナルの長編アニメを作ってんだよ。そんな暇ねーよ」「宮崎駿には鉄砲侍だっけ?風立ちぬの後にやるって言ってた漫画。あれやって欲しいんだけどなぁ」「平家物語を2時間弱に詰め込んだら歴史ヒストリアをアニメで作りましたみたいなものにしかならない気がするけど。複数話作る構想なら見てみたいけど完成するまで駿も持つかどうか怪しいな」「鈴木Pがいちばん邪魔。最後はパヤオのやりたいものをやらせてやれよ。活劇が見たいなあ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526813423/

■関連記事
ジブリ鈴木敏夫P 「ゲド戦記」 秘話明かす 最初は映画化断られ 「どこの馬の骨とも分からない…」
【映画】 宮崎駿監督、新作タイトルは 「君たちはどう生きるか」

高畑勲監督作品集 [Blu-ray]
高畑勲監督作品集 [Blu-ray]