松本人志 仕事の流儀(ヨシモトブックス)あの松本人志がダウンタウンとしてデビューする前に、漫才コンビを一緒に組んでいた男性がいます。

松本の同級生だった伊東慎二さん(54)。さかのぼること40年以上前、兵庫県尼崎市の小学校で、2人は3年生の頃に同じクラスになりました。笑いを通じてすぐに仲良くなった2人は、やがて漫才コンビを結成。

しかし、松本と浜田が、中学2年で同じクラスになり急接近。3人で遊んでいた時に、浜田と伊東さんがけんかになり、「それから、2人とは遊ばなくなり、違う友達とつきあうようになりました。僕の方から離れていったんです」と明かしました。



■松本人志の「初代相方」の今 「嫉妬と喪失感」で過ごした30代 突然の電話「まっつん…」

m000

 もし、あの時ああしていれば、もっと華々しい人生が…。誰もが一度は感じるであろう後悔や嫉妬。この人はどうたったのでしょうか。あの松本人志さんがダウンタウンとしてデビューする前に、漫才コンビを一緒に組んでいた男性がいます。その「元相方」に、35歳の記者が人生相談を兼ねて話を聞きました。(朝日新聞記者・阪田隼人)

出会いは「おもろないわ」
<松本さんの同級生だった伊東慎二さん(54)。さかのぼること40年以上前、兵庫県尼崎市の小学校で、2人は3年生の頃に同じクラスになった。松本さんが最初に放った奇妙な一言が、伊東さんは忘れられないと言う>

(抜粋・全文は以下のリンクより)

松本人志の「初代相方」の今 「嫉妬と喪失感」で過ごした30代 突然の電話「まっつん…」

■松本人志 Twitter


このニュースに対しネットでは、「ダウンタウンファンの間では伊東さんは有名人ですよw藤井さんとか森岡のオッサンとかね。放送室で良く喋ってましたね」「浜ちゃんが相方じゃなきゃ売れてないよ」「この方が松ちゃんの相方になっていたら常に松っちゃんに対してモヤモヤとヤキモチを焼いていた様な気がする。浜ちゃんは自分や役目を分かっている」「松ちゃんは誰が相方でも売れると思うけど、浜ちゃんじゃなければ今のようなポジションには行けないかもな」「でも、まっちゃんは、浜ちゃんの図太さがなかったら。今のダウンタウンまでは、来てないと思うとラジオで言ってましたね。今でも『放送室』は良く聴いてます」との反応。

■関連記事
松本人志 「ケイスケホンダ」 もう1回行きたかったと
松本人志 「謝らないから事が大きくなる」 悪質タックル問題、日大の対応にダメ出し

【早期購入特典あり】クレイジージャーニー Vol.6(ステッカー付) [DVD]
【早期購入特典あり】クレイジージャーニー Vol.6(ステッカー付) [DVD]