SUPER SUMMER LIVE 2013サザンオールスターズがデビュー40周年にあたる6月25日(と翌26日)に、NHKホールで記念ライブを行うことが発表されました。

40年前の6月25日は、デビュー曲「勝手にシンドバッド」の発売日。

音楽評論家のスージー鈴木氏は、著書『サザンオールスターズ 1978-1985』で、「勝手にシンドバッド」の魅力について、著書『サザンオールスターズ 1978-1985』で、「70年代の半ばまで、『日本語はロックに乗らない』と、真面目に考えられていたのである。そんなつまらない固定観念が、『勝手にシンドバッド』1曲によって、ほぼ完全に抹殺された」と語っています。



■もうすぐ40周年!「勝手にシンドバッド」は何が凄かったのか

s000

 サザンオールスターズがデビュー40周年にあたる6月25日(と翌26日)に、NHKホールで記念ライブを行うことが発表された。普段はスタジアム公演が当たり前のサザンだけに、チケットの争奪戦は熾烈を極めることとなるだろう。
 40年前の6月25日は、デビュー曲「勝手にシンドバッド」の発売日である。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

もうすぐ40周年!「勝手にシンドバッド」は何が凄かったのか

■映画『空飛ぶタイヤ』スペシャルムービートレーラー(主題歌 サザンオールスターズ「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」ver.)


このニュースに対しネットでは、「胸騒ぎの腰つき←この詩が斬新だった」「思い過ごしも恋のうち とか C調言葉にご用心 といった、あまりメジャーじゃない初期のナンバーがお気に入り」「サザンが出てきたときの衝撃は親父が良く語ってたわ。日本語をこんな風に崩すなんて!!って思ったらしいよ」「日本のロックを変えたと思うのは、キャロル、初期のミカバンド、サンハウスあたりだと思うけどね」「ラチエン通りのシスターとかマジで泣ける」「昭和を代表する歌手、ヒットメーカーだと思うけど変えたのかな?そこは疑問だな」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527165885/

■関連記事
<「平成のミリオンヒット曲」ランキング!>「最も好きな曲」3位『TSUNAMI』2位『ラブ・ストーリーは突然に』1位は?
東京オリンピックのセレモニーで歌ってほしいアーティストは? 1位:サザンオールスターズ、2位:嵐

サザンオールスターズ 1978-1985
サザンオールスターズ 1978-1985