Jimmy明石家さんま(62)が27日、MBSで放送された「明石家さんまが語り継ぎたいレジェンド芸人20人」に出演し、自身の運転手も務めたお笑いタレントで画家としても活躍するジミー大西について語りました。

高校卒業後、なんば花月の裏方(幕引きなどをする進行役)として働いていたジミーですが、ある日、失敗をして怒られていたところを、さんまが“救済"。以降、「助けられた犬みたいにずっとついてきて」と苦笑い。

一時期はさんまの運転手も務めましたが、ひと月に6回も交通違反の切符を切られるなど、大変だったという。雨の日には「ワイパーつけたら寝てまうからな。催眠術みたいに」とワイパーを見つめているうちに眠りに落ちてしまうため、使わずに水滴がしたたるまま運転。高速で「反対車線を走る(逆行)」したのをはじめ、「若、きょう早く行きますから!」と張り切って空いている道を走ったところ、結局、出発地点のさんまの家に戻ってしまったこともあったと明かしました。



■ジミー大西のすごすぎる天然伝説、さんまが明かす

j000

 明石家さんま(62)が27日、MBSで放送された「明石家さんまが語り継ぎたいレジェンド芸人20人」に出演し、自身の運転手も務めたお笑いタレントで画家としても活躍するジミー大西について語った。

 高校卒業後、なんば花月の裏方(幕引きなどをする進行役)として働いていたジミーだが、ある日、失敗をして怒られていたところを、さんまが“救済”。以降、「助けられた犬みたいにずっとついてきて」と苦笑い。「ぼんち」のおさむに弟子入りしたものの、さんまが芸名を命名するなど、40年近くにわたり、さんまファミリーの一員となった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

ジミー大西のすごすぎる天然伝説、さんまが明かす

■ジミー大西 Twitter


このニュースに対しネットでは、「昔の教習所はいい加減でね、ギアチェンジできたら、誰にでも免許与えてたから」「ちゃんと生きていけてる時点で俺より立派だ」「ジミーって実際に知的・精神的に問題あるんじゃなかった?」「さんまファミリーって、さんまとジミーとあと誰?」「たまたま人身事故起こしてないだけで、基本的に運転させちゃいけない人だろ」「1点づつの違反でも、ひと月で6回の切符なら普通は免停だろ?そんな奴いるわけないじゃん。話盛るにも程があるわ」「千原兄と海外に行く番組で何回も同じ事聞いてついにキレられてたからなぁ。ついさっき言ったことも会話した事も忘れてる」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527413224/

■関連記事
ジミー大西が絵描きをやめた理由を岡村隆史が暴露 「時間かけて描いても計算したら時給350円」
明石家さんま、TOKIO山口に言及 「酒は人生を狂わせる」 TOKIOメンバーにはエール

まっ白 ジミー大西画集
まっ白 ジミー大西画集