勝つ人 13人のアスリートたち (Sports graphic Number books)タレント武井壮(45)が、サッカーW杯決勝トーナメント進出を決めた日本代表の試合運びに対する批判の声に「ひきょうでもなんでもない」と反論しました。

28日に行われたポーランド戦の終盤。日本は1点先行されていたものの、同時開催だったコロンビア対セネガル戦でコロンビアがリードしていたため、フェアプレーポイントでセネガルを上回り2位通過できることから、ボール回しで時間経過を待つような戦略を展開。この試合運びに観客席からはブーイングが起き、ネット上でも賛否が分かれました。

批判の声に対し、武井はツイッターで「トーナメントの一発勝負とリーグ戦の戦いは違って当然だろ?一発勝負なら勝たなきゃいけないからあそこでも全開で攻めなきゃいかん、でもリーグ戦で1勝して1分して負けても通過できる可能性あるならそこに向かうのはひきょうでもなんでもないやろ」と持論を展開。「選手たちがこの通過を手に入れるためにどれだけの努力をかけて戦ったかを思って俺は全力で応援するぜ」としました。



■武井壮「ひきょうでもなんでもないやろ」批判に反論

t000

 タレント武井壮(45)が、サッカーW杯決勝トーナメント進出を決めた日本代表の試合運びに対する批判の声に「ひきょうでもなんでもない」と反論した。

 28日に行われたポーランド戦の終盤。日本は1点先行されていたものの、同時開催だったコロンビア対セネガル戦でコロンビアがリードしていたため、フェアプレーポイントでセネガルを上回り2位通過できることから、ボール回しで時間経過を待つような戦略を展開。この試合運びに観客席からはブーイングが起き、ネット上でも賛否が分かれた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

武井壮「ひきょうでもなんでもないやろ」批判に反論

■武井壮 Twitter


このニュースに対しネットでは、「いや卑怯以外の何物でもない」「批判してるのはまともにスポーツもしたことないようなニワカのみ」「卑怯と言えば卑怯となるよな、まあ、ルールブックに問題ないからな」「だけど、自力で決勝進出したとはとても言えないよねw」「退屈ではあったが卑怯ではないだろう」「卑怯とは思わんがセネガルの試合次第では最悪の選択肢になりえた。自分たちでコントロールできない部分に全てを預けた点でリスキーな選択じゃないかという批判」「試合は勝つためにやる。グループリーグは勝ち点を得るためにやる。勝ち点を得るための時間稼ぎと、負けて勝ち点を得ないための時間稼ぎを同列に論じるのはアホ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1530272584/

■関連記事
古市憲寿氏 「渋谷にいる人ってサッカーに興味があるというより、ただ盛り上がりたい人が多い」
赤江珠緒アナ 「にわか」 批判の風潮に反論 「W杯は海。浅瀬で遊ぶ子がいてもいい」

無双OROCHI3 【Amazon.co.jp限定】特典衣装「早川殿」ダウンロードシリアル メール配信 & (初回封入特典(特典衣装「徐庶」「石田三成」「妲己」) 同梱) - PS4
無双OROCHI3 【Amazon.co.jp限定】特典衣装「早川殿」ダウンロードシリアル メール配信 & (初回封入特典(特典衣装「徐庶」「石田三成」「妲己」) 同梱) - PS4