鷲と鷹大沢樹生(49)と喜多嶋舞(45)の第一子が日本に帰っていたと一部報じられています。

親子関係不一致問題は当時、話題となっており、DNA鑑定訴訟後、大沢側が勝訴。わが子だと思い16年間、育ててきた子が、他人の子だったという衝撃は記憶に新しいところ。

大沢家を知る中学時代の保護者は、長男の現在の様子について、「基本的に、彼が生活の拠点にしていた都内で、小中学校の友人や遊び仲間を頼って居候しながら転々としているようですね。生活費は友人に借りたり、友人の両親に援助してもらったりしているようです」と話しています。



■大沢樹生の “長男” 帰国も母・喜多嶋舞には会わず、友人宅を転々援助生活

o000

「彼が最近、日本に戻ってきたと聞きました。あの騒動後、彼の親権が大沢さんから喜多嶋さんに移ったかと思ったら、喜多嶋さんの両親だった。驚きましたよ、だって当時16歳ですよ。多感な時期に母親がお姉さんになるという……。3回も親権が変われば生活も落ち着かないですよね」(大沢家を知る中学時代の同級生の保護者)

 大沢樹生(49)と喜多嶋舞(45)の第一子を巡る、親子関係不一致問題は当時、週刊女性でも報じているが、DNA鑑定訴訟後、大沢側が勝訴。わが子だと思い16年間、育ててきた子が、他人の子だったという衝撃は記憶に新しいところ。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

大沢樹生の “長男” 帰国も母・喜多嶋舞には会わず、友人宅を転々援助生活

■大沢樹生の “長男” 帰国も母・喜多嶋舞には会わず、友人宅を転々援助生活


このニュースに対しネットでは、「可哀想だけど喜多嶋を恨め」「結局、大沢樹生との血縁は無かったんだっけ」「もし性格的に大沢と反りが合っていたらこんな事にはならなかった。そう考えると真実とか幸せってなんだか紙一重ですね」「ほっといてやれよ」「酷い話だ」に起因するものなんだな。子育てって責任重大だね」「中学生時代の友人の保護者が大沢の携帯番号が変わってるって知ってるのが、凄いなー」「大沢とは無関係のガキなんだから、ほっといてやれよ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531054108/

■関連記事
喜多嶋舞の産んだ子、大沢樹生の実子ではない判決が確定
坂上忍、喜多嶋&大沢騒動に 「なぜ誰も得しないケンカしたんだ」

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン+ニンテンドーUSB ACアダプター
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン+ニンテンドーUSB ACアダプター