伊東四朗一座 ~旗揚げ解散公演~ 喜劇 熱海迷宮事件 [DVD]俳優の伊東四朗(81)が免許を返納したエピソードを明かしています。

返納したのは2年前の6月。「返納しようと思ったきっかけは、75歳をすぎて世間から『後期高齢者』と呼ばれるようになったこと。当事者にとってはショックな呼称で、『俺はもう運転しちゃいけない年齢なんだな』と思っちゃった」と明かしました。

当時の気持ちについて伊東は「車を手放したことで得たのは爽快感! だって、これで事故を起こすリスクや責任から解放されたと思ったら、心が晴れ晴れした」とし、「いまの移動手段は主に電車。車だと渋滞などで時間が読めないけれど、電車は時間が正確でイイね(笑い)。意外に思うかもしれないけど、電車に乗っても、“本物かな?”と訝る人が時々いる程度で、普通に乗れるもんです」と語りました。



■伊東四朗(81)が免許返納「電車は時間が正確でイイね(笑い)」

i000

 日々の生活の足となり、仕事道具となるなど、長い年月を車とともに過ごしてきた高齢ドライバーが、運転をやめたり免許返納を迫られている。そんな社会の流れに従う人、抗う人はどんな感情を抱いているのだろうか。俳優・伊東四朗(81)に聞いた。

 * * *
 免許を返納したのは2年前の6月。79歳の時です。女房と自宅近くの警察署に行って2人揃って返納したんだけど、応対した警察官の愛想がビックリするほど良くてね。「これで仕事(事故)がひとつ減る」とでも思ったのか、ずっとニコニコしていた(笑い)。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

伊東四朗(81)が免許返納「電車は時間が正確でイイね(笑い)」

■特集:伊東四朗の世界


このニュースに対しネットでは、「こういう考え出来る老人が少なすぎる」「これはカッコいいし立派ですわ」「田舎は車ないと無理」「素晴らしいと思うが車がないと生活出来ない地域もあるからな。その辺キチッと対応しないと返納返納言っても仕方ない」「愛車遍歴で後期高齢者の講習を受けた話をしてたなあ」「金ありゃね、タクシーでどこでも行けるし」「>私は車そのものより、運転している時の“独りの空間”が好きだった すごいわかる」「お笑い 役者実績含めて大御所だよなぁ。小松親分の分まで長生きしてください」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531127062/

■関連記事
<芸能人格付けチェック!>GACKTの相棒はYOSHIKIに決定 来年格付けチェックにネット「最高最強かよ!」
ピエール瀧がクイズ番組のヤラセを暴露 番宣チームが勝ってしまい 「追加であと3問」

伊東四朗一座~帰ってきた座長奮闘公演~ 「喜劇 俺たちに品格はない」 [DVD]
伊東四朗一座~帰ってきた座長奮闘公演~ 「喜劇 俺たちに品格はない」 [DVD]