ラブとポップ ~好きだった人を思い出す歌がある~ mixed by DJ和女優の広末涼子が20年前に発売した写真集『NO MAKE』(集英社)がデジタル配信され、話題となっています。

広末は1994年、14歳の時に『ぴかぴかフェイスコンテスト』で優勝を果たし芸能界デビューを果たします。その後、いくつかのCMや雑誌のグラビアに登場し、ショートカットの美少女として注目を集めました。当時は高知県の中学生でしたが、運動会にはファンが殺到する騒ぎとなりました。

しかし、女優、歌手、タレントとマルチに活躍していた彼女にバッシングが集中する出来事が。早稲田大学への入学が、学力試験のある一般入試ではなく、芸能活動などの活躍をアピールする自己推薦入試で合格したことに批判が集中。さらに、入学後に3か月間登校せず、その後もほとんど通うことなく、入学5年目に『女優業への専念』を理由に中退。在学中の2001年には、タクシー4万円分の無賃乗車などのプッツン騒動が報じられ話題となりました。



■写真集配信で話題、広末ブームどれだけすごかった? 大学中退、プッツン…波乱万丈の半生

h000

 女優の広末涼子が20年前に発売した写真集『NO MAKE』(集英社)がデジタル配信され、話題となっている。発売中の『週刊プレイボーイ』30号(同)においては、当時の貴重なショットのほか、インタビューも掲載されている。 90年代後半は空前の広末ブームであったといえる。どれだけすごかったのか。

 「広末は1994年、14歳の時に『ぴかぴかフェイスコンテスト』で優勝を果たし芸能界デビューを果たします。その後、いくつかのCMや雑誌のグラビアに登場し、ショートカットの美少女として注目を集めました。当時は高知県の中学生でしたが、運動会にはファンが殺到する騒ぎとなりました。彼女の人気を決定づけたのが1996年に出演したNTTドコモポケベルのCMです。“見えそうで見えない”ミニスカート姿も話題となりました」(アイドルライター)

(抜粋・全文は以下のリンクより)

写真集配信で話題、広末ブームどれだけすごかった? 大学中退、プッツン…波乱万丈の半生

■広末涼子、伝説の写真集が20年ぶりに“復活”!


このニュースに対しネットでは、「まぁ全盛期は雑誌の表紙になると、売上伸びるほど影響力はあったからな」「プッツン騒動はかわいそうだった。地元の祭りに参加して踊ってただけでも、奇行みたいに報道されてて」「ドコモのCMでエアマックス履いてたのは覚えてる」「ピュアな田舎者がどんどん悪に染まっていくのが面白かった」「なんかの外人映画監督とあってからおかしくなった?」「いまでは想像できないぐらい人気あったもんな」「大学構内までマスコミが押しかけてきたり、野次馬の学生が騒いで授業どころじゃなかったんだよな」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531625372/

■関連記事
神田沙也加の結婚相手 村田充は広末涼子の元カレ超モテ男
広末涼子 「仕事を辞めたくて仕方なかった」 “確信犯” だった結婚から出産、離婚、再婚

広末涼子写真集『NO MAKE』デジタル版 YJ PHOTO BOOK
広末涼子写真集『NO MAKE』デジタル版 YJ PHOTO BOOK