健康で文化的な最低限度の生活 1火曜ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)が17日に第1話を迎えました。

原作は柏木ハルコの同名漫画。区役所に入り、福祉事務所に配属になった新人ケースワーカーが主人公で、さまざまな生活保護受給者との交流を通じて、ケースワーカーとして成長していく物語。一方では丹念な事例取材をもとに描かれているストーリーを通し、偏見の多い生活保護について、その実情を伝える役割も担っています。

しかし、公開されたドラマのオープニングがコミカルに描かれていることや、公式サイトに「アナタの人生…私が立て直します!」と書かれていることを原作ファンが疑問視。ネットでは「単純な主人公の成長ストーリーになるのが不安」「福祉事務所のケースワーカーって正確には人生立て直す人ではないよね。原作もそんなこと描いてないはず」といった不安の声も寄せられています。



■生活保護の偏見を拭えるか?ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』、原作ファンからは懸念の声も

y000

 火曜ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)が17日に第1話を迎える。

 原作は柏木ハルコの同名漫画。区役所に入り、福祉事務所に配属になった新人ケースワーカーが主人公だ。さまざまな生活保護受給者との交流を通じて、ケースワーカーとして成長していく物語でもある。一方では丹念な事例取材をもとに描かれているストーリーを通し、偏見の多い生活保護について、その実情を伝える役割も担っている。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

生活保護の偏見を拭えるか?ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』、原作ファンからは懸念の声も

■【公式】新火9ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』 Twitter


このニュースに対しネットでは、「火に油を注ぐだけだと思います」「面白かったよ」「早速原作ヲタの懸念どおりになっててワロタw」「問題なのは不正受給者のみだろ、論点ずらしするな」「健康体なのに毎月14万円も支給されて、医療費、水道代、住民税無償っておかしくね?」「生活保護費不正受給を暴くドラマなら見るけどマスゴミには無理か」「俺も膝が痛くて重労働無理になったからスーパーのパートやってるけど、パートのおばちゃんたちも一生懸命働いてるで。生活保護なんて甘えだ甘え」「いつもの自己啓発系ドラマでした」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531834210/

■関連記事
吉岡里帆 「事件が起きました」
吉岡里帆の 「デートなう。に使っていいよ」 画像に批判が集まった理由

吉岡里帆写真集 so long
吉岡里帆写真集 so long