民暴2俳優の木下ほうか(54)が10日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」に出演。骨髄ドナーとして移植手術に臨み、自身の骨髄を提供した理由を明かしました。

木下は、ある日、献血をしていたときに骨髄バンクのポスターを目にしてドナー登録を決意、その場で登録申請を行いました。その後連絡がこないまま月日が流れ、仕事は軌道に乗りテレビ出演も多くなり忙しい日々を過ごすようになりました。

すると、ある日「ドナーに選ばれた」と骨髄バンクから木下のもとに通知が届き、提供手術を受けようか悩んだ木下は所属事務所や両親に相談すると猛反対を受けることに。自身も提供はやめようかと考えていたときに、急性骨髄性白血病のため歌手の本田美奈子さん(享年38)の訃報が。

適合者が見つかる可能性は極めて低く“奇跡”といえる確率。木下は「数万分の1の確率で、俺のところにこの通知がきたのか…。もし俺が断ったら、どこかの誰かが死んでしまうのか…」と思い、骨髄提供を決断したと明かしました。



■木下ほうか、ドナーとして骨髄提供した理由を告白 “見知らぬ”患者の命救い涙

k000

 俳優の木下ほうか(54)が10日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)に出演。骨髄ドナーとして移植手術に臨み、自身の骨髄を提供した理由を明かした。

 実力のあるバイプレーヤーとしてドラマや映画、バラエティーで活躍する木下。売れない時代からの趣味は「献血」で、14年間で51回の献血経験があるという。ある日、献血をしていたときに骨髄バンクのポスターを目にしてドナー登録を決意、その場で登録申請を行った。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

木下ほうか、ドナーとして骨髄提供した理由を告白 “見知らぬ”患者の命救い涙

■木下ほうか Twitter


このニュースに対しネットでは、「手紙の内容から、お相手は自分たちが出した手紙だと分かるね」「偉いな。こういう人は本当に立派」「一時、AMラジオで骨髄提供のCM流してたよね、この人で」「ドナーのポスターになってる人か、こんな名前なのな」「こんなおっさんやったん?ぶらりで見たがもっと若い感じやったが」「有吉がこの人はガチでヤバいって言ってた人か」「骨髄提供って当日病院に行って腰に注射針刺してちょこっと骨髄抜いたら終わりかと思ってたが、実際は提供するのも大変なんだな」「番組見てたけど、ほうかさんは術後も痛みがまったく無かったって。医者の腕が良かったのかもね」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533904041/

■関連記事
木下ほうか 女優・堀北真希との結婚でも注目された俳優・山本耕史のことが 「大っ嫌いやった」
木下ほうか 紳助さんから涙声で電話 売れたことを知り 「引退して一番うれしい情報」

わたし、がんばったよ。 急性骨髄性白血病をのりこえた女の子のお話。
わたし、がんばったよ。 急性骨髄性白血病をのりこえた女の子のお話。