炎上上等 (扶桑社新書)高須クリニックの高須克弥院長(73)が20日、ツイッターを更新。入れ墨やタトゥーについて自身の考えを投稿しました。

高須氏はフォロワーからの“入れ墨は皮膚呼吸がしづらく疲れやすいというのは迷信か"との質問には「迷信です」と返信。

“入れ墨がなかったらMRIで病気を早期発見、早期治療ができたのでは"という投稿には「胃がんの診断にMRIは無関係」と答え、「タトゥーは装飾分野の文化です。受け入れるのも拒否するのも自由です」とツイートしました。



■高須院長が入れ墨、タトゥーへの持論を投稿 KIDさん訃報で注目集まる

t000

 高須クリニックの高須克弥院長(73)が20日、ツイッターを更新。入れ墨やタトゥーについて自身の考えを投稿した。ネット上には18日に死去した格闘家、山本“KID”徳郁さん(享年41)の入れ墨について様々な意見が出ており、高須氏はフォロワーからの質問に返答した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

高須院長が入れ墨、タトゥーへの持論を投稿 KIDさん訃報で注目集まる

■高須克弥 Twitter


このニュースに対しネットでは、「拒否する自由を認めないやつがいるんですよ~」「まあほぼ同意だな。受け入れるのも拒否するのも自由なんだけど、日本は圧倒的に拒否が多い文化って事」「女の人でも眉毛を刺青にしたりするもんな」「でも水銀含むからレントゲンでやけどするってのはどうなの?それすらもデマだった?」「>胃がんの診断にMRIは無関係 正確ではないな。ガンの全身での検出、転移状況を知らべるのはMRIが有効だろ。そこだけ局所的な撮影で済ませれば良かったというのは、ガンが見つかった後の後付け方便」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537443240/

■関連記事
【格闘技】 山本KID徳郁さんの 「胃がんが見つかったのは2年以上前」 RIZIN実行委員長が告白
高須院長、体操女子・宮川紗江の支援を約束 「物心ともに応援したい」 「僕でよければ契約します」

大炎上 (扶桑社新書)
大炎上 (扶桑社新書)