Refine/AQUIHO’S BEST1991年に放送されたフジテレビ系月9ドラマ「東京ラブストーリー」で、江口洋介演じる三上健一に恋をする資産家の娘、長崎尚子を演じた千堂あきほ。昨今のバブルブームで、バブルファッションを象徴する一つである、“ソバージュ”を流行らせた一人ともいえます。

現在は全国放送の露出はあまりありませんが、北海道に拠点を移し、地道に芸能活動をこなしているよう。

千堂は2000年に北海道出身の男性と結婚し、それを機に北海道への移住を決めたとのこと。お相手の男性は、もともとはスキューバダイビングのインストラクターだったのですが、今や水中映像ソフトの企画・製作やヒーリングサロンを運営する実業家。事業の一つに芸能マネジメントがあり、千堂は現在、その事務所に所属しています。



■“ソバージュブーム”の先駆け…バブル時代に活躍した千堂あきほは今何してる?

s000

 1991年に放送されたフジテレビ系月9ドラマ「東京ラブストーリー」で、江口洋介演じる三上健一に恋をする資産家の娘、長崎尚子を演じた千堂あきほ。昨今のバブルブームで、肩パットが入った服や体のラインを強調するボディコンが再び注目されているが、そのバブルファッションを象徴する一つである、“ソバージュ”を流行らせた一人が千堂なのだ。そんな彼女は今、何をしているのだろうか。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

“ソバージュブーム”の先駆け…バブル時代に活躍した千堂あきほは今何してる?

■NHK北海道 Twitter


このニュースに対しネットでは、「なぜか北海道のTVにでてるあれか」「何かの番組で平野ノラのモノマネしてるのを見たな」「NHKラジオ第一に出てなかったっけ?」「1990年前後のバブル時代のファッションて異常だな。服も髪も。あの時代のファッションだけは恥ずかしくて、今はできない」「脳内で岡本夏生とキャラ被りしがちだった。岡本夏生も何してんだろうな…」「同年代の鈴木杏樹ってやっぱすげえわ」「マジカル頭脳パワーでは所さんに次ぐ正答率で頭は良いイメージある」「ほとんどの日本人が似合わなかった髪型だよな」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539517422/

■関連記事
山本舞香、 “JR SKISKI” CMのヒロインに抜擢 「うれしいけど恥ずかしい」
千堂あきほ、人気絶頂時に月給5万円だった

東京ラブストーリー Blu-ray BOX
東京ラブストーリー Blu-ray BOX