ひとりぼっちの対局―だから青春! (ノラブックス 101)元棋士でタレントの林葉直子(50)が8日、ブログを更新し、医師から緑内障を発症する危険度が高いと診断されたことを明かしました。

林葉は「親友の眼科医に目を見てもらった」と報告。「緑内障になる危険度が高いから半年に一回はうちにおいで」と来院を促されたという。緑内障は40歳前後から発症する頻度が増え、治療が遅れると失明に至ることもありうる。

親友について林葉は「きれいなままでしかも足が細くて子供と旅行に行ったら、羨ましい限り」と、うらやみました。



■林葉直子 緑内障を発症する危険性高いと医師が宣告…治療遅れると失明も

h000

 元棋士でタレントの林葉直子(50)が8日、ブログを更新し、医師から緑内障を発症する危険度が高いと診断されたことを明かした。緑内障はかなり進行するまで自覚症状がなく、視野が徐々に狭くなっていく。林葉は重度のアルコール性肝硬変で長期療養している。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

林葉直子 緑内障を発症する危険性高いと医師が宣告…治療遅れると失明も

■林葉直子女流王将(当時)


このニュースに対しネットでは、「取り返しがつかなくなる前で良かったな」「人生狂っちゃったよなー」「薄めないウイスキーをジョッキで飲んでたとは恐ろしい」「林葉さん今は何が収入源なのかなあ。いい女流だったのに」「まだ50だったの!?なんか心の病気でいなくなっちゃったイメージだけど元気なのかしら」「ライトノベルみたいな女子向けティーンズ小説書いてたのと、突撃しまーす、とサイババくらいしか印象にないわ」「緑内障は誰でもなるぞ。40代から急激にリスクが増える。お前らも他人事と思わず健診受けろ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541673864/

■関連記事
元女流棋士でタレントの林葉直子(46)、重度の肝硬変を告白 「いつ死んでもしょうがない感じ」
元女流棋士・林葉直子(44)の変貌をご覧ください

遺言 最後の食卓
遺言 最後の食卓