大人の授かりBOOK - 焦りをひと呼吸に変える、がんばりすぎないコツ女優の加藤貴子(48)が13日、ブログを更新し、父親ががんになった時の総合病院の外科医の対応「ひどさ」について記しました。

医師は「手の施しようがないステージです。もって3か月です。退院して自宅療養をおすすめします」と「めんどくさそうに」宣告。
セカンドオピニオンを考えて検査結果を渡して欲しいとの要求にも「渡せない」と拒否したという。父は病院を変わり、1年半を生きたとしています。



■加藤貴子 父ががん、総合病院の外科医の対応「ひどい」

k000

 女優の加藤貴子(48)が13日、ブログを更新し、父親ががんになった時の総合病院の外科医の対応「ひどさ」について記した。医師は「手の施しようがないステージです。もって3か月です。退院して自宅療養をおすすめします」と「めんどくさそうに」宣告。セカンドオピニオンを考えて検査結果を渡して欲しいとの要求にも「渡せない」と拒否したという。父は病院を変わり、1年半を生きたとしている。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

加藤貴子 父ががん、総合病院の外科医の対応「ひどい」

■医師とのコミュニケーションは大切
余命3ヶ月の父に医師が「吐き気がするくらい酷い対応」 加藤貴子の告白に絶句



このニュースに対しネットでは、「むしろ良心的な医者。抗がん剤投与や手術やしてたら寿命はもっと縮まった」「医者も結局はただの普通の人間で良い人もいれば普通の人もいるしょーもない人も確実にいる。大事なのはそんな医者のいるトコには二度と行かない事だね」「しっかり病院と医師名を出すべき」「この人凄い、44歳で第一子、47歳で第二子を産んでるんだ」「検査結果ってコピーも渡してくれないの?カルテ丸ごと渡せと言ってるわけではあるまい」「医者には医者の言い分もあるだろうなー」「医者は医学に特化してるだけで、人間性とか性格とか人格は最低レベルな医者が多いぞ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542201718/

■関連記事
加藤貴子、第2子を 「アン」 と命名 … 赤ちゃんに 「やっと会えました」

医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方
医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方