Love Collection 2 pink歌手の西野カナが、11月25日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演。自身の作詞法を大公開し、ネット上ではその手法に賛否が別れています。

多数の「共感ソング」を持つ西野だが、中でも特に有名なのが、2015年リリースの『トリセツ』という楽曲。西野は自身の作詞法について、“企画書”として楽曲のコンセプトや設定を考えだした後、一旦自身で詞を書きだすと告白。その後はアンケートや友人への取材を行い、多かった回答や自分の意見を交えながら歌詞に落とし込む“マーケティングリサーチ”手法を採っていると明かしました。

統計や聞き込みといった大掛かりな作詞法に、ネット上では驚きの声が続出。しかし一方で、《ネタ集めてるだけやん》《そりゃ多かった回答使えば共感を得られるわな》《何か薄っぺらい歌詞だと思ったら自分の経験じゃなかったのかよ…》などといった声も目立ち、楽曲同様に“賛否両論”を巻き起こす事態となっています。



■“売れれば”いいのか?西野カナが公開した“作詞手法”に批判の嵐

n000

歌手の西野カナが、11月25日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演。自身の作詞法を大公開したのだが、ネット上ではその手法に賛否が別れている。

この日の同番組は「共感ソング特集」と題し、世の女性が「これ、私のことだ!」と共感するような歌を徹底深掘り。若い女性を中心に絶大な支持を誇る西野をゲストに招き、共感される歌詞作りの秘密を聞き出していった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

“売れれば”いいのか?西野カナが公開した“作詞手法”に批判の嵐

■西野カナ 『トリセツ』MV(Short Ver.)


このニュースに対しネットでは、「プロにゃよくあること」「西野カナを批判できるのは西野カナより可愛い人間だけだ」「なにそれ震える」「売れればいいのかってのはAKBじゃないのか。あいつらの握手券のせいでランキングが機能してないやんけ」「昔ユーミンはファミレスに居座ってじっと周りの会話を聞き、創作のヒントにしてたってね」「作詞作曲にマーケ手法取り入れるなんてよくある話じゃん。西野カナが嫌いなだけだろ。俺もだ」「これなら別に西野カナ名義である必要がないだろ。作詞チーム作ってチーム名で出せ」「普通じゃね。尾崎だって盗んだバイクで走ってねーし、窓ガラスも壊してない」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543569701/

■関連記事
【日本レコード大賞】 西野カナが初の大賞
『日本有線大賞』 に西野カナ

Love Collection 2 mint
Love Collection 2 mint