毎日新聞落語会 立川志らく1「文七元結」「時そば」落語家立川志らく(55)が、審査員を務めた2日放送のテレビ朝日系「M-1グランプリ2018」で、物議をかもした自身の審査について説明しました。

志らくは、全審査員中トップとなる99点をジャルジャルにつけ、「笑えなかったが面白かった」とコメントして最高点をつけたことに、ネット上では疑問の声もあがっていました。

その理由を、「ジャルジャルに笑えなかったが面白かったというのは最高の褒め言葉。プロ同士、つまりライバルだから笑えない。でも最高に面白いのです。談志の落語を聴いて私は笑わない。でも一番面白い。という事」だと説明。「私を不快に思った人に対しては不徳の致すところ。私が上岡龍太郎先生ほどの認知があったらいいだけの話。もっと頑張ろう」とツイートしました。



■志らく、M1の「笑えなかった」発言→高得点を説明

s000

落語家立川志らく(55)が、審査員を務めた2日放送のテレビ朝日系「M-1グランプリ2018」で、物議をかもした自身の審査について説明した。

同コンテストの審査員を初めて務めた志らく。師匠の立川談志さんが2002年に審査員を務めた際には「下ネタが嫌い」という理由でスピードワゴンに50点というまさかの低点数をつけて物議をかもしたが、志らくが今回つけた最低点は85点と、平均的なジャッジだった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

志らく、M1の「笑えなかった」発言→高得点を説明

■志らく Twitter


このニュースに対しネットでは、「なんでこんなに偉そうなの?」「審査員やりたくないのはよく分かる」「理屈っぽいんだよ。笑ったから面白いでいいだろうに」「いちいち言い訳するくらいなら笑えないとか言わずに素直に判定しろよ。軸もないくせに談志風に振る舞おうとするからちょっと叩かれたくらいで言い訳しちゃうんだよ」「ミキのお兄ちゃんの方に良いことだけ言えって言われて顔色が変わったよな」「ジャルジャルがたくさん練習してるのはわかる。ただ瞬発力が試されるバラエティだとおバカタレントより笑いとれないんだよな」「志らくとかの審査員が真面目なコメントしてるのが一番面白かった」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543840844/

■関連記事
【M-1】 とろサーモン久保田、上沼恵美子を壮絶批判 … 「お前」 呼ばわり
「M-1グランプリ2018」 優勝は→霜降り明星

志らくの言いたい放題
志らくの言いたい放題