西郷どん 完結編 (NHK大河ドラマ・ガイド)鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』の第45回「西郷立つ」が2日に放送され、平均視聴率は前回から0.9ポイント減の11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

「西郷立つ」とサブタイトルでうたった通り、第45回は西郷隆盛(鈴木)が後に西南戦争と呼ばれる戦いを起こすまでのいきさつを描いており、政府が西郷を暗〇しようとしていることを知った西郷が、ついに自らが立つことを決意し、「東京に行って政府を問いただす」として、武装した兵とともに鹿児島を発った――という展開でした。

しかし放送では、西郷が政府ないしは大久保に命を狙われていると本気で思ったのか、そうでないのかがぼかされている。また、いくら温厚な西郷でも暗〇は許せなかったのか、本気で政府を問いただそうとしたのか、あるいは「盟友である大久保が死ねというなら、不平士族もろとも、この世から消え去ることで彼の役に立とう」と考えたのかもわからず、そのどれでもいいから、大河ドラマ『西郷どん』としての解釈を示してほしかったとみられています。



■『西郷どん』“最悪”な演出で視聴率急落…最大の見せ場、西南戦争のきっかけをボカす

s000

 鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』の第45回「西郷立つ」が2日に放送され、平均視聴率は前回から0.9ポイント減の11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。終盤での1ポイント近い急落には、人気番組『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)が裏で放送されていたことも関係していると思われる。

「西郷立つ」とサブタイトルでうたった通り、第45回は西郷隆盛(鈴木)が後に西南戦争と呼ばれる戦いを起こすまでのいきさつを描いた。明治政府は、帯刀を禁じる「廃刀令」や士族の禄を廃止する「秩禄処分」といった改革を次々と打ち出し、それと呼応するように全国で士族の不満が高まっていた。西郷が鹿児島に設立した私学校に集う生徒たちも暴発寸前となっていたが、西郷はなんとかそれを抑え込んでいた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

『西郷どん』“最悪”な演出で視聴率急落…最大の見せ場、西南戦争のきっかけをボカす

■鈴木亮平 Twitter


このニュースに対しネットでは、「触れちゃいけない話題だもんな」「急落ってほど下がってないじゃん。元々低すぎて下がる余地が小さいだけだろうけど」「そこに文句つけるほど真面目に観てる人いなくなってしまったと思う」「分からんのだから分からんで別にいいだろ」「1人で上京したら、留守番組が挙兵するからでしょ」「単身で交渉することを得意としていた西郷が単身で行動しないということは、交渉に赴くということではなく蜂起したということなんじゃね?」「別に歴史の教育テレビじゃないんだから、史実なんてどーでもいいやん」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543925129/

■関連記事
『西郷どん』 西郷隆盛、突然のブラック化に困惑 … 説得力なさすぎる展開で視聴率もガタ落ち
クレーム殺到、視聴率2ケタ割れ…『西郷どん』、本編中止してなぜスペシャル乱発?

西郷どん 完全版 第参集 Blu-ray
西郷どん 完全版 第参集 Blu-ray