がばいばあちゃん名言日めくりお笑い芸人・島田洋七(68)が、金曜MCを務める7日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」で、2日に開催された「M―1グランプリ2018」に出演後に審査員の上沼恵美子(63)に暴言を放ったお笑いコンビお笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)について言及しました。

2004年から5年間、「M-1グランプリ」の審査員をしていた島田は、「審査員に文句言ったら、審査できない」と久保田と武智に注意。その上で「飲んだ席だけで文句言えって。(webに)載せたらいかん」と苦言を呈しました。

デーブ氏から「最近の(M-1)審査員は芸人じゃない人が多い。それはどう思いますか?」と質問を受けた島田は、客席の笑い声の大小で上下する電子メーターを導入するべきと提案。「好きだから点数がいいとか言われても困る。それより現場で一番受けた人が1番になるのがいい」と見解を示しました。



■島田洋七、M-1審査に電子メーター導入提案「現場で一番受けた人が1番になるのがいい」

s000

 お笑い芸人・島田洋七(68)が、金曜MCを務める7日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)で、2日に開催された「M―1グランプリ2018」に出演後に審査員の上沼恵美子(63)に暴言を放ったお笑いコンビお笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)について言及した。

 コメンテーターの金村義明氏(55)が「関西では、(やしき)たかじんさんと上沼さんは両巨頭。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

島田洋七、M-1審査に電子メーター導入提案「現場で一番受けた人が1番になるのがいい」

■横山雄二 Twitter


このニュースに対しネットでは、「AIでいいよ」「言い訳って言われるだろうけどトップバッターって絶対不利だよね」「技術点と印象点と2層にして最高点と最低点切り捨てた平均の得点にすれば?」「人によって面白いは違うんだから、順位つけたりが、そもそもおかしいの。だから逆にどんな審査基準でも問題ない」「そうすると客選びが重要になってくるだろ。基本女ばっかだし」「その方式を採用するとすべての出場者が、ノンスタイル化、パンクブーブ-化せざるを得なくなる」「審査員増やして最高点1人最低点1人カットの合計点って方式やれば。多少は偏りの軽減が出来るけどね」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544187397/

■関連記事
上沼恵美子 「大激怒」 で、スーパーマラドーナをMC番組から追放していた?
ケンドーコバヤシ 「泥塗った」 久保田暴言に不快感

笑ってなんぼじゃ!上: 佐賀のがばいばあちゃんスペシャル
笑ってなんぼじゃ!上: 佐賀のがばいばあちゃんスペシャル