和牛 漫才ライブ2017~全国ツアーの密着ドキュメントを添えて~ [DVD]お笑いコンビ「和牛」の水田信二(38)と川西賢志郎(34)が6日放送の文化放送「和牛のモーモーラジオ」に出演。史上初の3年連続の準優勝となった「M―1グランプリ2018」を振り返りました。

川西が今大会を「(番組が復活した)2015年から出させてもらっているんですけど今年はちょっと空気感が違った」と振り返ると、水田も「辛口コメントがブームになっていたよね。審査員の人らもそっちがそれぐらい言うなら、こっちもこれぐらい言っとこう。皆でブーストかかっている、みたいな」と苦笑い。

川西は「今までにないことで(審査員)全員にコメント振って。M―1が30分放送時間が長くなっているから、それが1点違うところ。細かい要因が重なって、(雰囲気が)ガラっと変わったんやろな」と雰囲気が重たくなった原因を推測し、続けて「(大会直後の)打ち上げの場で例年に比べて落ち込んでいる人が多かったもんな。あれはやっぱり今年のM―1がちょっと違うかった部分が引き起こした現象」と裏側を明かしました。



■和牛 M―1打ち上げの“異変”明かす「例年より落ち込んでいる人が多かった」

w000

 お笑いコンビ「和牛」の水田信二(38)と川西賢志郎(34)が6日放送の文化放送「和牛のモーモーラジオ」(水曜深夜2・00)に出演。史上初の3年連続の準優勝となった「M―1グランプリ2018」を振り返った。

 川西が今大会を「(番組が復活した)2015年から出させてもらっているんですけど今年はちょっと空気感が違った」と振り返ると、水田も「辛口コメントがブームになっていたよね。審査員の人らもそっちがそれぐらい言うなら、こっちもこれぐらい言っとこう。皆でブーストかかっている、みたいな」と苦笑い。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

和牛 M―1打ち上げの“異変”明かす「例年より落ち込んでいる人が多かった」

■和牛 水田信二 Twitter


このニュースに対しネットでは、「久保田と武智は和牛のタイムオーバー叩けよ」「誰も幸せにならない番組。もうやめちまえ」「放送時間が延びて審査員のコメント量が多くなり演者のダメージが増した。その代わり視聴率が伸びたから来年もやるなら出場者はトーク対策が必須になると思う。どんなに漫才が良くてもトークが駄目なら仕事増えないし」「霜降りは別にいきなり出てきた人ではないしこれまでも実績残してる。10歳以上も年下の後輩に負けたのが悔しいと素直に言えよ。ルール違反までしといて汚いわ」「結成10年はマジで戻すべき。15年までいくと後輩引き連れてイキっとる奴ばっか」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544248891/

■関連記事
島田洋七 M-1審査に電子メーター導入提案 「現場で一番受けた人が1番になるのがいい」
上沼恵美子 「大激怒」 で、スーパーマラドーナをMC番組から追放していた?

別冊+act. Vol.30 (ワニムックシリーズ240)
別冊+act. Vol.30 (ワニムックシリーズ240)