東京カレンダー 2018年 3月号 [雑誌]
フリーアナウンサーの田中みな実(32)が2日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「田中みな実 あったかタイム」に出演。泣きながらバレンタインで渡すクッキーを焼いていたことを明かしました。

番組ではゲストのジェーン・スー(45)が以前、バレンタインに田中からクッキーをもらった思い出を振り返り、田中は当時、作るのが大変で泣きながらクッキー焼いていたそうで、「バレンタインが近づいてくるとちょっと身震いするくらい、しんどかった思い出がいっぱい蘇ってきます。当時、一番多いときで9番組くらい担当させていただいていて、1つの現場に渡して、他の現場にあげないのはおかしいでしょ? それぞれ平等にって思ったら全部の現場の全スタッフさん、演者さんにお渡しするってなると300個以上になるんですよ」と苦労を告白しました。

さらに「バレンタインシーズンになると業務用オーブンをインターネットでレンタルして、当時は実家だったんですけど、キッチンにそれをボーンと置いて、毎晩毎晩、夜なべして、クッキー作ってアイシングして、泣きながらやってるから父も帰ってきて『おい、大丈夫か。これはやんなきゃいけないの?』って」と両親からも心配されましたが、毎年渡さないとおかしいという理由で作り続けたと明かしました。



■田中みな実、泣きながらバレンタインにクッキー焼く「しんどかった」

t000
 フリーアナウンサーの田中みな実(32)が2日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「田中みな実 あったかタイム」(土曜後6・30)に出演。泣きながらバレンタインで渡すクッキーを焼いていたことを明かした。

 番組ではゲストのジェーン・スー(45)が以前、バレンタインに田中からクッキーをもらった思い出を振り返った。田中は当時、作るのが大変で泣きながらクッキー焼いていたそうで、「バレンタインが近づいてくるとちょっと身震いするくらい、しんどかった思い出がいっぱい蘇ってきます。当時、一番多いときで9番組くらい担当させていただいていて、1つの現場に渡して、他の現場にあげないのはおかしいでしょ? それぞれ平等にって思ったら全部の現場の全スタッフさん、演者さんにお渡しするってなると300個以上になるんですよ」と苦労を告白した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

田中みな実、泣きながらバレンタインにクッキー焼く「しんどかった」

■フジテレビ Twitter


このニュースに対しネットでは、「男も迷惑なんだよなあ。まあ俺はもらわないけどね」「この人は頑張ってキャラ演じてたね」「買えよ」「頑張り過ぎたためか、ある程度楽になった今は少し魂抜けたようになってる」「義理チョコなんて貰っても捨てちゃうしな」「田中みな実は変なところに意地を張るよね。完璧主義というか」「義理で焼いた愛情が一切籠っていない、別に美味しくも無い代物を渡されて嬉しいと思ってんだろうか。私が手作りクッキー渡すんだからみんな喜んで受け取ってくれるはず。とか物凄い勘違い女」「「女子力」とか言う謎の言葉あったなぁ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549166961/

■関連記事
田中みな実 「30代でモテたいと言っているのはバカみたい」
田中みな実、同窓会に行かない理由に騒然 「かわいそう…」 「闇が深すぎる」