アニメ版 シティーハンター 冴羽獠ぴあ (ぴあMOOK)
声優の神谷明(72)が9日、都内で行われた映画『劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>』公開記念舞台あいさつに登壇しました。

神谷は「山寺さん、茶風林さん、大塚芳忠さん、山崎たくみさんのことは、我々『功労者』と呼んでいます。山寺さんがすばらしい役で完結して、僕も感激です」としみじみ。

自身が演じる主人公・冴羽リョウの相棒・槇村香の声を担当する伊倉一恵が「今回のように大変な戦いじゃなくてもいいから、ちょっとまたシリーズでやってみたいなと思いました」と意気込むと「僕も伊倉ちゃんと同じことを考えていた。山田康雄さんがやってらっしゃった、ルパン三世のように、時々帰ってくる。そういうものになったらうれしい」と語りました。



■神谷明『シティーハンター』の“ルパン化”に意欲「時々帰ってくるものになれば…」

k000
 声優の神谷明(72)が9日、都内で行われた映画『劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>』公開記念舞台あいさつに登壇。昨年のテレビアニメ放送開始30周年を機に、今回の長編アニメーション企画が始動。今回の劇場版の公開は、1990年以来29年ぶりとなったが「オファーを受けた時は、演技のテンポとかスピード感がどうなんだろうという不安があったのですが、実際にスタジオに入って、レギュラーのみなさんの声を聴いた瞬間に戻りました」と声を弾ませた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

神谷明『シティーハンター』の“ルパン化”に意欲「時々帰ってくるものになれば…」

■神谷明 Twitter


このニュースに対しネットでは、「ルパンvsシティハンターvsコナンのをたのむ」「20年遅かったな」「駅の掲示板とかないけど時代設定は昔のままでいくのかな。ルパンは歳取らないシステムになったけど」「何とかハートは無かったことに」「エンジェルハートがいらんかったな」「キン肉マン、ケンシロウ、冴羽、全部この人が声ってのは、いくらなんでも安直すぎるだろって子供心に思ってた」「アベマでシティハンター始まって度々見てたが各話ごとのスタッフ見るとルパンに関わってる人多いからルパンぽい描写ホント多い」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549710668/

■関連記事
『シティーハンター』 作者が明かす30年目の真実 キャラクターたちの関係にファン悶絶
「シティーハンター」 のパラレル作品 「エンジェル・ハート」 が実写ドラマ化決定