いだてん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)
宮藤官九郎(48)が脚本を手がけるNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の2月10日放送の第6話の平均視聴率が9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と一桁視聴率を記録したことが分かりました。

これまでの大河ドラマで、平均視聴率が一桁となったのは2012年の『平清盛』、2015年の『花燃ゆ』、2018年の『西郷どん』の3作。各作品が、それぞれ最初に一桁を記録したのは『平清盛』31話(8月5日)、『花燃ゆ』第15話(4月12日)、『西郷どん』第37話(10月7日)で、6話で一桁を記録した『いだてん』は大河史上ワーストの速さとなります。

『いだてん』大惨敗の理由は何なのか?ドラマウォッチャーは、「まず、大河では珍しい近現代モノだということが、大きなハンディになっているんです。2020年の東京オリンピックを盛り上げるという意味でも企画されたテーマだと思われますが、戦国の合戦のない大河は、旧来の大河ファンには物足りないのかもしれません」と分析しています。



■たけし、クドカン、勘九郎…『いだてん』大惨敗の「戦犯」は誰!?

i000
 宮藤官九郎(48)が脚本を手がけるNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の2月10日放送の第6話の平均視聴率が9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と一桁視聴率を記録したことが分かった。

 これまでの大河ドラマで、平均視聴率が一桁となったのは2012年の『平清盛』、2015年の『花燃ゆ』、2018年の『西郷どん』の3作。各作品が、それぞれ最初に一桁を記録したのは『平清盛』31話(8月5日)、『花燃ゆ』第15話(4月12日)、『西郷どん』第37話(10月7日)で、6話で一桁を記録した『いだてん』は大河史上ワーストの速さとなる

(抜粋・全文は以下のリンクより)

たけし、クドカン、勘九郎…『いだてん』大惨敗の「戦犯」は誰!?

■大河ドラマ「いだてん」 Twitter


このニュースに対しネットでは、「脚本が悪い。つまらないもん」「全部だな」「大河の名で大河じゃないものを作ろうとするNHKだろ」「やらせたNHKが諸悪の根源だろ。視聴者の見たい大河じゃない」「題材が全て。大河は戦国じゃないと数字が取れない」「フガフガに決まってるだろ」「スッスッハッハッが気持ち悪い」「シラけまくってる東京五輪のせいだろw」「そら企画したNHKのプロデューサーだろ」「クドカンらしくない脚本」「どう考えても勘九郎が1番の戦犯。クドカン、たけし云々置いといて、いついかなる場面においても勘九郎は華がない。テレビに出てくる側の人間じゃない。歌舞伎の色が出すぎてどうにもならん」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550230936/