にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:個別ニュース

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】浜辺美波写真集 voyage

SEALDsが解散メッセージと解散ラップを発表

民主主義は止まらない安全保障関連法や憲法改正への反対運動を展開した学生団体「SEALDs(シールズ)」が15日、解散メッセージをサイトで公開しました。

シールズは「自由と民主主義のための学生緊急行動」の英訳の略称で、安倍政権を批判する首都圏の大学生らが2015年に結成したグループ。

解散メッセージでは、「SEALDsは解散します。しかし終わったというのなら、また始めましょう。始めるのは私であり、あなたです。何度でも反復しましょう。人類の多年にわたる自由獲得の努力から学びながら。孤独に思考し、判断し、共に行動し、そして戦後100年を迎え、祝いの鐘を鳴らしましょう」と呼びかけています。続きを読む

小池百合子知事、韓国人学校への都有地貸与、白紙を改めて表明 「ここは東京、そして日本」

小池百合子の華麗なる挑戦東京都の小池百合子知事(64)が前都知事の舛添要一氏が打ち出した韓国人学校増設のための都有地貸与について質問され「白紙に戻す」と改めて表明しました。

小池知事は定例会見で、記者から「韓国人学校について、白紙に戻す方針は変わらないか」と質問され、「答えはイエスです。地元の皆さまにも選挙が始まる前にお会いさせていただきまして、その選挙前の段階で反対の署名が、すでに2500筆集まっておりました」と断言。

「(韓国政府に対し)知事がした約束を撤回するのは重いのではないか」と指摘され、「それについてはまた韓国の関係者にはきちんと手当てといいましょうか、ご説明はしていく必要はあるかと思っております。しかし、ここは東京であり、そして日本ですので、わが国が主体となって判断するものと、このように考えております」と話しました。続きを読む

【都知事選】「ハグしてくれる」「アイドル並みにかわいい」幸福実現党の美人候補・七海ひろこさんが話題

繁栄の女神が語る TOKYO 2020 ~七海ひろこ守護霊メッセージ~31日投票の東京都知事選で奇抜な「ハグ作戦」で幸福実現党の七海ひろこ氏(31)が注目を集めています。

演説を終えた七海氏は横断歩道を全力でダッシュ。一目散に人が集まる東京駅へ。街宣車のスピーカーからは「七海ひろことどうかハグしてください」と耳を疑う声が。

七海氏は道行く人に握手、ハグ、記念撮影、そしてまたハグ…。「まるでアイドル」とネット上で話題となっています。続きを読む

【都知事選】 ジャーナリスト・鳥越氏 「原発ゼロと言える候補は私だけ」 街頭演説で絶叫

老いはこうして迎え撃つ! (仮)民進党など野党統一候補のジャーナリスト・鳥越俊太郎氏(76)は28日、世田谷区・三軒茶屋駅前や自由が丘駅前などで街頭演説を行いました。

鳥越氏は演説で、「76年間、1度も権力にすり寄ったことはない。弱者の味方だ」と強調。

都政の課題として待機児童問題の解消などを挙げたものの、最後は「都知事になったら、原発を停止して廃炉にする。原発ゼロと言える候補は私だけだ」と絶叫し、集まった聴衆から拍手を浴びました。続きを読む

小池百合子、石原氏の “暴言” に余裕 「日本はおっさんの論理でずっとやっていけば、必ず他の国にもどんどん追い越される」

小池百合子の華麗なる挑戦31日投開票の東京都知事選挙に立候補している元防衛相の小池百合子氏(64)が26日、都内で街頭演説を行い、自身を「厚化粧の大年増」などと批判した元東京都知事の石原慎太郎氏(83)の発言を笑顔で受け流しました。

石原氏はこの日の昼、永田町の自民党本部で行われた、増田寛也候補(64)の各種団体総決起集会に出席。小池氏について「大年増の厚化粧がいるんだな。これが困ったもんで」「あの人はウソつきだと思います」「厚化粧の女に都政は任せられない」などと“暴言”とも取れる発言。

これを受け、十条駅前で行った街頭演説で小池氏は「我々そういうの、慣れてるんですよ。しょっちゅうなんですよ。むちゃくちゃひどいこと言われるの」と余裕の表情。

さらに「私はだからこそ、今回は都知事に通って、女は聞き分けがいい、使い勝手がいいなんてことは絶対に思わせない!」と宣言。「いつの間にか男同士の密室で会議が行われて、結論が出されて、日本が正しい方向に行っていたでしょうか?おっさんの論理でこれからも日本が突き進むのでありますか?日本はおっさんの論理でずっとやっていけば、必ず他の国にもどんどん追い越される」とやり返しました。続きを読む

橋下氏 また鳥越俊太郎氏を批判 「憲法改正反対、原発反対よりも、保育所の仕組みを勉強して」

誰が「橋下徹」をつくったか ―大阪都構想とメディアの迷走東京都知事選(31日投開票)に出馬したジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が都内で待機児童問題に悩む母親や、保育事故で子供を亡くした両親らとの懇談会を行った際、「都立の保育園を作りたい」と、鳥越氏が述べたという報道に関し、元大阪市長の橋下徹氏(47)が24日、「勉強不足だ」と批判しました。

橋下氏は「不効率な役所直営の保育所をいかに減らし、民間保育所をいかに増やすかが首長の最大の悩みなのに」とし、「全国の首長でこんなことを言い出すのは鳥越氏だけ」と指摘。

さらに、「待機児童対策で役所直営の保育所を増やすことは絶対にあり得ない。公立と認可の違いも分かっていないのでは?知事を目指すなら、憲法改正反対、原発反対よりも、保育所の仕組みをもっと勉強すべき」と自身のツイッターに書き込みました。続きを読む

百田尚樹 「某都知事候補がガン保険会社から5000万円を受け取っていた。ガン検診100%で保険会社ボロ儲けか」

大放言 (新潮新書)作家の百田尚樹氏が、知事候補の一人が保険会社と不適切な関係にあるとリークしました。

百田氏は20日、自身のTwitterで、「信頼できる筋から」の話として、「某知事候補が某ガン保険の会社から一回100万円の講演で計5000万円を受け取っていたという。選挙公約で「ガン検診100%」をテレビで語ったとなれば、これはあからさまな利益供与と見られても仕方がない」と告発。

続けて、「知事選でガンのことを強く訴え、都民の100%がガン検診を受けるようになれば、当然、ガン保険に入る人が激増し、保険会社は大きな利益を得る。選挙公約でガン検診100%を第一に掲げている人が、ガン保険のCM に出て、なおかつ高額の講演料を貰っている人となれば…」と、候補者と保険会社との不適切な関係を匂わせました。続きを読む

鳥越俊太郎氏 「事実無根だ」 と否定 / 週刊文春編集部 「記事には十分、自信を持っている」

老いはこうして迎え撃つ! (仮)21日発売の週刊誌が東京都知事選に立候補している鳥越俊太郎氏の女性を巡る記事を掲載したことについて、鳥越氏側が「選挙妨害だ」として刑事告訴する準備を進めていることが分かりました。

鳥越氏の選挙事務所は、21日発売の週刊文春が報じた鳥越氏の女性に関する記事を巡って、「明確な選挙妨害だ」として、刑事告訴する準備を進めていると週刊文春編集部に抗議文を送ったことを明らかに。

週刊文春編集部は「記事には十分、自信を持っている」としています。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif

スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク