にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:芸能ニュース

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】浜辺美波写真集 voyage

エレカシ宮本浩次 「レベルが違う」 売れてから挫折感じたバンド名告白

All Time Best Album THE FIGHTING MAN(通常盤)ロックバンド「エレファントカシマシ」の宮本浩次(52)が17日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演。過去に心が折れた出来事を告白しました。

「今宵の月のように」「俺たちの明日」などのヒット曲を世に送り出し、多くのアーティストから称賛を浴びる宮本でしたが、過去には若さゆえの過ちも多く、レコード会社と契約を打ち切られて無収入状態になったことも。

「悲しみの果て」のヒットで新たにレコード会社と契約を結び、成功への道を駆け上がっていきましたが、97年に「今宵の月のように」がヒットし人気音楽番組に出演しGLAYと共演。宮本は「僕らはすぐ天狗になる。そこそこ観客にウケるんですが、GLAYが出てきたらブワー!と場が盛り上がって。僕らはCD売り上げが50万枚くらいでGLAYの『HOWEVER』は何百万枚で…。レベルが違うなあと」と苦い思い出を振り返りました。続きを読む

【HINOMARU騒動】 RADWIMPSの新曲に他のアーティストから擁護の声が次々とあがる

カタルシスト(通常盤)人気ロックバンドRADWIMPSの新曲「HINOMARU」が物議を醸しています。「この身体に流れゆくは 気高きこの御国のみ霊」「さぁいざゆかん 日出づる国の御名の下に」などといった歌詞やタイトルから、「愛国ソング」としてネット上で批判を浴び、ボーカルの野田洋次郎(32)が11日にツイッターで謝罪しました。

この件に関して、ASIANKUNG-FUGENERATIONのVo&Gt後藤正文(41)は11日、ツイッターで「『言いたいことがあるなら音楽でやれ』という人たちが、僕が書いた歌詞をちゃんと読んで評価してくれたことはほとんどないし、インタビューなどの切れ端を釣り餌にして盛り上がる人たちが音楽をきちんと聞いてくれている手応えも少ない」と批判にコメント。

ウルフルズのギタリストウルフルケイスケ(53)は、「RADWIMPSの野田君、謝罪する必要なんてないと思う。自由って何?と違和感を感じる」とツイッターを更新。15日には、きゃりーぱみゅぱみゅ(25)も「クリエイティブなものなのに言いがかりつけて表現できなくなって死んでいくことが悲しい。攻めていけない世の中」「なんでも文句言ってくる姑みたいな大人にだけはなりたくない」と、この件に関連していると思われるツイートをしています。続きを読む

【NGT48】 中井りか 「腹も減らしてもらえないのかぁ、、人権なさ杉内(笑)(笑) 朝からリプ欄見て爆笑してる(笑)」

【中井りか】 公式生写真 AKB48 ジャーバージャ 劇場盤 選抜Ver.「週刊文春」のネット番組で男性ファンとの恋愛スキャンダルを報じられた「NGT48」中井りか(20)の「開き直りツイート」が注目を集めています。

中井は2018年6月16日に行われた「AKB48世界選抜総選挙」開票イベントのスピーチで突然「文春砲」のターゲットになったことを告白。イベント終了後のツイートは改めての説明か謝罪...と思いきや、「腹減ったわい。」というまるで何事もなかったかのような一言でした。

通常運転すぎる投稿に批判の声が上がったようで、中井は翌朝、「腹も減らしてもらえないのかぁ、、人権なさ杉内(笑)(笑) 朝からリプ欄見て爆笑してる(笑)」とさらに挑発。このツイートはその後削除されたものの、「腹ぐらい減ってもいいだろうが(笑)(笑) が第一声の朝です おはようございます」と書き直されました。続きを読む

有安杏果が卒業しても “存続し続ける” ももいろクローバーZは、矢沢永吉や長渕剛と同じく “不変”

BRODY 7月号増刊 「ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four ~in 桃響導夢~」緊急詳報号2018年で結成10周年を迎えたももいろクローバーZ(以下、ももクロ)。この1月には有安杏果がグループを卒業するという大きな動きがありましたが、5月22・23日にはグループとして初となる東京ドームでの単独公演「10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-」を成功させました。

ももクロの人気が継続している理由のひとつとして挙げられるのが、「ライブ」。ももクロのライブ現場は非常に平和であり、居心地がいいというのがアイドルファンの中での認識されています。

さらに、モノノフたちのディープなももクロ愛を支える大きな要素として、ももクロの“不変性”も挙げられています。“進化”や“深化”こそあれど、“変化”がないのがももクロ。いわば矢沢永吉や長渕剛のように、個性的な魅力で昔からのファンを囲い込み、息の長い活動を展開するアーティストと同じことをしていると説明されています。続きを読む

織田裕二のひと言で消えた 「東京ラブストーリー」 続編計画

東京ラブストーリー Blu-ray BOX「女性自身」(6月26日号)が、今年10月からスタートするフジテレビ“月9”ドラマで、織田裕二(50)と鈴木保奈美(51)が共演すると報じました。

実現すれば、1991年に同局で視聴率30%を超える大ヒットを記録したドラマ「東京ラブストーリー」以来、実に27年ぶりの共演。

報道によれば、二人が共演するのは、「東京ラブストーリー」の続編ではなく、敏腕弁護士の活躍を描いた米国の人気ドラマ「SUITS」のリメーク版で、フジテレビ関係者は、「満を持して続編をやるはずだったのですが、最終的に織田さんが“やっぱりできない"となったそうですよ」と明かしています。続きを読む

「好きなテレビ局」 No.1はテレ東! 「嫌い」 は3位 NHK、2位 テレ朝、1位は…?

日本テレビの「1秒戦略」J-CASTニュースが、「好感度」が高いテレビ局はいったいどこなのか。「好きなテレビ局」「嫌いなテレビ局」についてのアンケート調査を実施しました。

その結果、見事「好き」1位となったのは、以前からネット上での人気が高いテレビ東京(26.7%)。2位はNHK(16.0%)。視聴率No.1の日本テレビは3位で10.6%に留まりました。

「嫌いなテレビ局」(総投票数:1014)は、やはりというべきか、フジテレビ(32.7%)が首位に。3月には「めちゃ×2イケてるッ!」「とんねるずのみなさんのおかげでした」といった2大長寿番組を打ち切る大胆策に出ましたが、その成果はなかなか見えないようです。続きを読む

おニャン子クラブが日テレで一夜限りの復活ステージ

夢カタログシングルコレクション80年代に活躍したアイドルグループ「おニャン子クラブ」が、日本テレビ系で7月7日正午から11時間生放送する音楽特番「THE MUSIC DAY」で、一夜限りの復活ステージを披露することがわかりました。

おニャン子クラブは、1980年代後半から90年代初頭の好景気の日本を彩ったヒット曲の数々を、メドレーで披露するコーナー「バブルソングメドレー」に登場。

当時のメンバーから、内海和子(51)、国生さゆり(51)、立見里歌(52)、新田恵利(50)、山本スーザン久美子(51)、渡辺美奈代(48)が出演します。続きを読む

【AKB総選挙】 須田亜香里が2位も危機感訴え 「世間が興味がない」

コンプレックス力 ~なぜ、逆境から這い上がれたのか?~16日に開催された第10回AKB48世界選抜総選挙の開票結果、SKE48の須田亜香里(26)が、14万1106票で2位になりました。

須田は「ステージの端っこにいるメンバーも、握手会の少ない子も、ブスって言われる子も、覚悟さえ決めれば、ファンは付いて応援してきてくれるんだと感じてくれたらうれしい」と後輩達に呼び掛け。

一方で「気付いたことがあります。それは世間の皆さんが、思っているほど48グループに興味がないということ。こんな私でも見てくれるこういう人(ファン)がいるのに、(世間は)何で見てくれないんだろうと…」と48グループに対する危機感を訴えました。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif

スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク