にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:お笑い芸人

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】浜辺美波写真集 voyage

ウーマン村本、M―1暴言騒動の原因は 「若さへの嫉妬」 「出場資格15年はだめ」

ウーマンラッシュアワー 村本大輔の恨みと復讐のミルフィーユ/中川パラダイスの癒しと優しさのセレナーデお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)が11日、自身のツイッターを更新。「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」武智正剛(40)の上沼恵美子(63)に対する暴言騒動について持論を語りました。

村本は「M―1の出場資格はいま結成15年未満。最初の10年以内に戻すべき。10年未満の時が一番謙虚。尖ってはいるけど健全な尖り方。自分のせいにして芸を高める」と 「M―1グランプリ」の出場資格について私見。

騒動の当事者である武智の「スーパーマラドーナ」は結成15年目で、、「15年はだめ。変に仕事もプライドも劣等感もある。それが集まって飲みの話もネガティブになる。若さへの嫉妬から怒りのやり場を探す」と指摘しました。続きを読む

「AKBにいそうってもはや悪口」 女芸人にAKBファンが激怒、ネットは同意の声も

54th Single「NO WAY MAN」12月10日に放送された、女芸人No.1を決める大会『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)でのお笑い芸人・紺野ぶるまのネタに物議が集まっています。

同番組では大会の決勝戦が行われ、ファーストステージで紺野は横澤夏子と対戦。紺野は「田舎でちやほやされたために勘違いして上京した売れない女優が自虐する」といったネタを披露したのだが、その中で「地元のみんなも、いまだに私がAKBにいてもおかしくなかったって言ってくれてる。あのさ、『AKBにいそう』って、このご時世もはや悪口だと思うよ」と発言。結果的に紺野は横澤に敗れてしまったが、会場の笑いを誘っていたほか、副音声を務めていた松本人志もこれに爆笑していました。

しかし、放送後、ネットからは、「AKBファンからしたら紺野ぶるまのネタは不快感しかないし笑えないんだけど」「ショック。人を傷つけて笑いを取ろうとする感覚が分からない」「AKBも努力してるのにこんなん言われたら本当に悲しくなる」といった声が噴出。紺野のツイッターアカウントのもとにも、多数の罵詈雑言が寄せられる事態になっています。続きを読む

視聴者が激怒!フジ、ドラマ枠を廃止して上沼恵美子の番組を毎日放送する暴挙

あかんたれ12月6日発売の「週刊新潮」が、フジテレビの番組改編情報を報じました。記事によるとフジは来年、夕方のドラマ枠を打ち切るという。

テレビ誌記者「現在、平日のフジは、情報番組『直撃LIVE グッディ!』と『プライムニュース』の合間である夕方の1時間に、過去のドラマを再放送しています。しかし新潮によると、そのドラマ枠を廃止して、来年の2月から、関西ローカルで放送されている上沼恵美子のバラエティ番組『快傑えみちゃんねる』を放送していくことが決まったのだとか。この放送が成功すれば、今後、上沼の東京進出の足がかりになる可能性も指摘されています」と説明。

フジの夕方ドラマ枠といえば、最近も『東京ラブストーリー』や、中井貴一主演のCSドラマ『記憶』を放送し、大きな話題を集めた人気の時間帯。視聴者からは『は? 月曜から金曜まで毎日、上沼の番組を放送するってこと? ありえない!』『過去の名作ドラマを放送してる貴重な枠なのに潰さないで!』と、反対する声が殺到しています。続きを読む

キンコン梶原が語る 『M-1』 批判が的確すぎると話題

おかんお笑いコンビ・キングコングが9日に自身のユーチューブチャンネルに動画を投稿。物議を醸した『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)について不満を語り、話題になっています。

梶原雄太は、番組の演出についての不満を吐露。ことしは午後6時34分から3時間半にわたって放送されていたが、「(番組が始まってから)ネタ始まるまでに1時間くらいあんねん」と指摘。ルール説明や審査員紹介、コンビの出演順を決める「笑神籤(えみくじ)」など段取りが多いことから会場の雰囲気が重くなってしまったと語りました。

前評判では「今回の『M-1』が歴代1番面白い」との声も聞き、期待していたが「実際見て面白いのに…なんかハネてない。なんで? なんで?」と驚いたよう。観覧客の質は悪くなかったとし、普段は笑う客すらも会場の重い空気に飲まれていたと推測。そして、その理由を突き詰めると、やはり番組放送からネタ開始までの重々しい空気作りが原因だと指摘しました。続きを読む

阿佐ヶ谷姉妹が2代目女王に!女芸人No・1決定戦 「THE W」

おしぼりをまるめたら女芸人No・1を決めるコンテスト「THE W」の決勝が10日、日本テレビで放送され、阿佐ヶ谷姉妹が2代目女王に輝きました。

決勝は10組が参加し(第1試合)ゆりやんレトリィバァ、あぁ~しらき(第2試合)吉住、ニッチェ(第3試合)根菜キャバレー、合わせみそ(第4試合)横澤夏子、紺野ぶるま(第5試合)阿佐ヶ谷姉妹、紅しょうがが直接対決。一般審査員401人によるジャッジで、あぁ~しらき、ニッチェ、合わせみそ、横澤夏子、阿佐ヶ谷姉妹の5組が最終決戦に進みました。

審査で最多票を獲得した阿佐ヶ谷姉妹が優勝を飾り、賞金1000万円と日本テレビ系のレギュラー番組の視聴率計100%分の番組出演の権利が与えられるほか、同局系列の冠番組を持てる権利を手にしました。続きを読む

上沼側が久保田と武智2人による直接謝罪を断り終結宣言…M-1暴言に興味ゼロ 「舞台の上で言って欲しかった」

上沼恵美子 コンサート愛唱歌撰2日に行われた「M-1グランプリ2018」の放送後、審査員の上沼恵美子に対してとろサーモン・久保田かずのぶと、スーパーマラドーナ・武智が暴言をSNS動画で配信した問題で、10日、上沼側が騒動の終結を宣言しました。

長年、上沼を担当するマネジャーが大阪市内で取材対応し、現状説明。上沼は2人の暴言に対して興味がなく、事実上、相手にしていない状況という。上沼は「舞台で言ってくれたら良かったのに」と話しているという。吉本興業から、2人による直接謝罪を申し入れたが上沼は「お気持ちは受け取りました。そこまでしていただかなくて結構です」との意向を伝え、丁重に断ったという。

マネジャーは「本人に興味がありませんので、今後、何かが起こることはありません」と終結を宣言しました。
続きを読む

たけし、M-1騒動語る 「審査員が判断しちゃいけないこともある」

「さみしさ」の研究タレント、ビートたけし(71)が8日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に生出演。お笑いコンビ、とろサーモン・久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナ・武智(40)が、2日に行われた若手漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ2018」の大会後に審査員のタレント、上沼恵美子(63)にSNSで暴言を放ち、謝罪した騒動にコメントしました。

たけしは「俺は絶対に審査員をやらない」と前置きした上で、「自分たちの漫才ブームと今の時代ではネタも違う」と強調。

「審査員が判断しちゃいけないこともある。好みだから。ただ、そのきっかけとしてM-1みたいなものを作ってあげないと、若手が売れないから。それに懸ける若い人たちがいる」と今回の騒動を語りました。続きを読む

「沖縄の海ってだれのもの?」 ウーマン村本、THE MANZAIでまたも時事ネタ … ネット大反響

ウーマンラッシュアワー109 vol.1 [DVD]漫才コンビのウーマンラッシュアワーが9日、フジテレビ系「Cygames THE MANZAI2018 マスターズ」に出演し、昨年に続き沖縄基地問題、原発問題、自然災害を受けた被災地の問題など時事ネタを披露しました。

村本は得意の早口でまくしたて、「自分が自分のことを言うのにカミングアウトという言葉を使わせている社会は普通じゃない」「沖縄の海ってだれのもの?日本のもの?アメリカのもの?違う。沖縄県民のものなんです」などとマシンガンより早いと思われるスピードで次々と問題提起しました。

ネット上では「去年より良かった」などと盛り上がり、瞬く間にトレンドランキングのトップになりました(午後10時の時点)。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif

スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク