東京の空
ミュージックサイト「rockinon.com」が、「東京」を歌ったロック/ポップソングの名曲トップ14を発表しています。

1位に選ばれたのは、ピチカート・ファイヴの“東京は夜の七時”。時はまさに「渋谷系」という呼称が生まれる時代。アイコニックなビジュアルと歌声を持つ野宮真貴が、ワクワクするような東京の夜の入り口を歌っています。

2位に選ばれたのは、エレファントカシマシの“東京の空”。エレカシ通算7作目となるアルバムのタイトルチューンで、13分近くにも及ぶ大作。都会的な音の響きと歌詞は、まさに“東京の空”を感じさせます。続きを読む