にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:ゲーム

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】“岡山の奇跡" ファースト写真集 『桜井日奈子です。』

土田晃之 「ポケモンGOは長続きしない」 と、クールに切り捨て

納得させる話力お笑い芸人の土田晃之(43)が、ラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(ニッポン放送)で、社会現象となりつつあるスマホ向けゲームアプリ『ポケモンGO』のブームに対して「長続きしない」と発言しました。

24日の放送では、レアなポケモンが出るとして、深夜の錦糸町の公園に数百人の若者が集まったというニュースが取り上げられ、土田は「モンスターをゲットしたいと思ったことも、一度もないんで。たぶんやらないですね」と興味がないことを告白。

さらに、「でも、これだけ世界中でヒットしてて、日本でもこれだけもう……まぁまぁ、そんなに長くは続かないと思いますけど、最初の勢いはとにかくすごいんで」と現在の狂乱が一過性のものであると予測しました。続きを読む

小林よしのり 「ポケモンGOで死者はまだか?」 「富士の樹海に10万匹くらいばらまいてほしい」

孤独を貫け漫画家の小林よしのりが、話題の「ポケモンGO」について、「ベランダにポケモンがいたというだけで不愉快な気持ちになるのでゲーム会社は消去してほしい」と苦言を呈しました。

小林は、妻がポケモンGOをはじめたことを明かし、「わしはもし外でやったらスマホを没収すると厳命した」と告白。

「だが、ポケモンGOは危なすぎる。車で走っていても歩きスマホの人間がやたら目につくようになったし、公園にスマホしか見ない人間が集まっているのは不気味すぎる」と理由を説明し、「何人か死んだら流行が終わるのかもしれないが、それならいっそのこと富士の樹海に10万匹くらいばらまいてほしい」と嫌悪感を示しました。続きを読む

沢田研二が相模の事件と 「ポケモンGO」 を結びつけ非難が殺到

ロイヤル・ストレート・フラッシュ沢田研二(68)が26日、全国ツアー「un democratic love」初日公演を東京国際フォーラムで行いました。

この日のライブでは、ステージを縦横無尽に動き回りながら、ヒット曲「TOKIO」など23曲を披露。

MCでは、社会現象になっている人気ゲーム「ポケモンGO」についても言及。「任天堂何やってんの? オタクを外に出したいから作ったって、出てきたら事故が起きているやないか…。おそろしいで~」と苦言を呈しました。続きを読む

クリス松村がポケモンGOに苦言 「心を奪われたゾンビにさえ見えてしまいます」

ポケットモンスター ムーンタレントのクリス松村が、日本では7月22日にリリースされたスマホ向けゲーム「ポケモンGO」の問題点をブログで指摘しています。

クリスはポケモンGOについて、「技術の進歩が、心の成長、想像力を邪魔してしまっている気がしてなりません。調和がとれていない」と、指摘。

「(錦糸公園は)東京大空襲の際に犠牲になられた多くの方々の御霊があった場所です」「そういう場所でゲームを大々的にしていいのかを考えるべきではないでしょうか」と、述べ、「私は、ニュース画面に映るゲームに熱中している方々のシルエットを拝見して、その中に『心』というものが見えません。大変失礼な言い方ですが、心を奪われたゾンビにさえ見えてしまいます」と綴りました。続きを読む

やくみつる氏、ポケモンGO利用者を 「心の底から侮蔑します」

つぶやくみつる漫画家のやくみつる氏(57)が25日、コメンテーターとして出演した日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、話題となっているスマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO」について否定的な意見を述べました。

ポケモンGOのVTRを眉間にしわを寄せながら見ていたやく氏は、「都内で『ポケモンGO禁止』を言う候補者がいたらすぐ投票してます」と、都知事選になぞらえて切り出すと、公園に群がるトレーナーたちには「愚かでしかない。こんなことに打ち興じてる人って、心の底から侮蔑します」とバッサリ。

やく氏は現実にあふれている面白いことに興味を持つべきと主張し、「路端の植え込みだって、その中にいる虫に興味を示せばいいものを、そこを見ながら(スマホを介して)現実的じゃないものを探す…。親はもっと楽しいことを子供に提供する義務がありますよ。一緒になって打ち興じたらアホな子にしか育たないですよ」と、否定的な姿勢を貫きました。続きを読む

峰竜太、自宅が 「ポケストップ」 に指定 「マズいだろ!」

かんべんして下さいョ!24日放送のTBS「アッコにおまかせ!」で、タレントの峰竜太の自宅が、「ポケストップ」に指定されていたことが、わかりました。

「ポケモンGO」はGPSが届く場所なら日本中どこでも楽しめるゲーム。ゲーム内では「ポケストップ」と呼ばれる場所があり、ポケモンを捕まえるボールがもらえたり、ポケモンが集まってくるスポットで、レアアイテムを獲得できることもあります。

番組では「こんな場所もポケストップに!」と題し、峰竜太の自宅を紹介。峰の自宅は「Portal House」と記載せれており、「ポケスポット」に指定されており、峰はかなり驚いた様子で「いや、マズいだろこれ」と心配していました。続きを読む

古市憲寿 「ポケモンGO誰もプレイしたことないのに、批判してる人って何なの」

だから日本はズレている (新潮新書 566)作家の古市憲寿が21日、任天堂などが作ったスマートフォンのゲーム「Pokemon GO」について「配信前なのに批判してる人なんなの」とツイッターに投稿しました。

古市は、19世紀ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーに例えて「ほとんど誰もワーグナーを聞いたこともなかったのに、大ブームが起こった明治期日本(『明治のワーグナー・ブーム』)。同じくほとんど誰もプレイしたことないのにポケモンGOが大騒ぎになってる平成日本」と話し、「特に配信前なのに批判してる人なんなの」とツイート。

「Pokemon GO」の公開前のブームについて、「昨日、あしたのコンパスで三上洋さんに教えてもらった『テレビで画になりやすいからマスコミかこぞって取り上げた』という説明にいちばん納得した」と説明しました。続きを読む

小倉智昭氏 ポケモンGOに 「だから何なの?」 クール対応がネットで話題

おとな時間―フジテレビ「お台場オトナPARK」オフィシャルブック (ぴあMOOK)小倉智昭キャスター(69)が21日、フジテレビ系「とくダネ!」で、日本でも近日の配信が予定されているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」について、「だから何なの?」との冷めた反応をし、ネット上で話題になりました。

番組ではこの日、日本での配信日が錯綜している「ポケモンGO」について特集。ゲームをしていた米国の少年3人による原子力発電所への侵入や、自動車との接触など、海外で多発しているトラブルを紹介しました。

またスタジオでは、男性プレゼンターがスマホを使ってゼニガメ捕獲を実演。共演する菊川怜(38)らが興味津々のリアクションをとる中、小倉キャスターだけはゼニガメを蹴るしぐさをして「だから何なの」と興味のない様子。「ポケモンGO」と近日中にも提携することが発表されたマクドナルドから特典がもらえることも紹介されましたが「はい、もらいたい人はもらってください」とクールな反応をし、ネット上では「冷ややか過ぎて笑えた」「その感想は理解できる」などの声があふれました。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif



スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク